魅力的な既婚男性の落とし方!!単身赴任の男性と不倫を楽しんで!

単身赴任中の既婚男性は、不倫のチャンス!
家族と離れてしまった寂しさと、久しぶりの一人暮らしで独身に戻ったような開放感を感じ、つい身近な女性と心を寄せ合ってしまいます。
家族が近くにいないので、既婚でありながら自由に恋愛を楽しめるのが単身赴任男性の大きなメリット。
単身赴任中に不倫を楽しむ時の1番のルールは、「家族にバレないこと」です。
家族にバレない為の不倫の方法と、単身赴任中の男性ともっと楽しむためのコツをお教えします。
単身赴任中の不倫は本気になりやすいので、離婚して不倫成就することも夢ではありませんよ♪

愚痴にとことん付き合ってあげる

単身赴任中の男性にとって一番の悩みは、相談相手や愚痴を言う家族や友人が近くにいないこと。
離れている家族への心配や愚痴、仕事での悩みなどを聞いてくれる人がいなくて孤独なんです。
不倫相手であるあなたは、ストレスが多い単身赴任彼にとっての「癒しの女神」にならなければいけません。
仕事の愚痴なんて聞いてもつまらない、家族への思いなんて聞きたくない、なんて冷たくあしらわず、彼の話をしっかり聞いて、心を癒してあげましょう。

家族の悪口を言わない

もし彼が、彼が家族に関する愚痴を言って来ても、それに便乗して彼の家族の悪口を言ってはいけません。
口ではどう言っていても、離れている相手のことは特に愛しく思ったり、寂しく感じずにはいられないものです。
既婚男性にとって自分の家族はいつでも大切な存在であり、他人に悪口を言われるとイライラしたり傷ついてしまいます。
彼が言っている家族の愚痴は、「ツンデレな態度をとっているだけで、本当は家族のことが心配なんだな」と思って聞き流しましょう。
あなたの方から、彼の妻や子供の事を悪く言うのは絶対にNGです。

彼が家族と過ごす時間を邪魔しない

単身赴任の彼とのデート中、彼の家族から連絡が来ることがあるでしょう。
折角2人きりで過ごしているのに、邪魔されたくない!と思うかもしれません。
しかし、彼の自宅から電話がかかって来た時は、あなたは速やかに彼の傍から離れて、電話を取らせてあげましょう。
もし同じ家にいたら、電話が終わるまであなたは外で時間を潰すなどするべきです。
彼が少しでも家族と関わっている間は、彼が気分を悪くしたり、混乱することのないよう、邪魔をしないのが鉄則。
単身赴任中とは言え、彼の離婚が成立するまではあなたは「不倫相手」であることを忘れてはいけません。

彼の部屋に私物を置かない

しょっちゅう彼の部屋をおとずれることが出来るのが、単身赴任不倫の大きなメリットです。
しかし、「洗面道具や下着などをいちいち持って行くのは面倒だし、小さくまとめて隠しておけばバレないだろう」なんて甘く考えてはいけません。
単身赴任中の男性は、基本的に妻に浮気を疑われている状態です。
そして不倫を疑う妻は、夫の部屋の中を徹底的に家探しして不倫の痕跡を探すので、私物を置きっぱなしにしていると必ず見つかってしまいます。

部屋を勝手に掃除しない

家事が苦手な男性って多いですよね。
仕事で忙しく、家事に慣れていない彼の為を思って、洗濯や掃除をしてあげたくなるでしょうが、1人暮らしの男性の家事を手伝うのは、自分の存在をアピールしてしまう行為です。
Tシャツの畳み方や、掃除の仕方がいつもと違うと、「誰かが部屋に入っている」と、妻は不倫に気付きます。
掃除道具の置き方や家具の向き、洗濯物のしまい方など、ちょっとした変化がきっかけで不倫に勘付く妻は多いのです。
部屋が汚れていても、洗い物が溜まっていても、余計な事はせず、彼の部屋は「いつも通り」にしておきましょう。

彼のキッチンで料理をしない

妻は冷蔵庫の中や生ごみを必ずチェックします。
普段料理を一切しない夫のキッチンで料理をした後があると「女の存在」を確信します。
彼と手料理を楽しみたい時は、自分の家で作ってから持って行って振る舞うようにし、キッチンは使わないようにしましょう。
お皿なども、単身赴任では使わないはずの大皿やペア皿があると不倫バレするので、紙皿を用意して行き、使い終わったら捨てるなど工夫して下さい。

積極的に自宅に帰る

既婚男性は不倫相手と過ごす時間が楽しくなりすぎると、気持ちが十分に満足し、休みの日にわざわざ自宅に帰るのが面倒になってしまいます。
折角の連休なのだから自宅に帰る為にお金と時間を使うよりも、不倫相手と旅行に行った方が楽しそう、と思ってしまうこともあるでしょう。
でも、「家族のことを大切に思っている」はずの既婚者は、よほどの理由がない限り、休みの日は自宅に帰ります。
「自宅に寄り付かないのは怪しい」「家族が大切ではないのか」と妻に不満を持たれ、不倫を疑われてしまいます。
不倫バレしない為には、「疑われない」ことが鉄則!
可能なら、毎週土日は自宅に帰る習慣をつけましょう。

家族に沢山尽す、妻と仲良くする

どんなに不倫が楽しくても、婚姻関係を解消しない限りは家族の事を一番大切にするべきです。
自宅に帰った時は、心を込めてとことん家族に尽しましょう。
普段会えていない分、妻に優しくし、仲良くしなければいけません。
残してきた不倫相手のことがどんなに心配でも、家族が目の前にいる間は、家族のことが一番!
妻や子供に対して素っ気ない態度をとってはいけません。
また、どんなに不倫セックスに夢中でも、家に帰った時は妻を抱くことをお勧めします。
自宅に帰省した時に妻とのセックスを拒むと「性欲が溜まってないの?」「もしかして他に女が居る?」と疑われる原因になってしまいます。

彼が自宅に帰っている間は連絡を取らない

不倫相手女性の立場としては、彼が自宅に帰っているのを待っている間、「何をしてるのかな?」「奥さんとどんなふうに過ごしているの?」と気にならずにはいられません。
でもどんなに心配でも、彼から連絡が来なくて寂しくても、あなたの方からLINEや電話をしてはダメです。
自宅帰省中の彼には、妻がぴったり寄り添っています。
あなたからの着信画面を見られてしまうかもしれません。

次のページ 「◯◯◯」にならない