10歳も20歳も離れていても!!年の差不倫の楽しみ方と長続きするコツ

結婚するかどうかは「流れ」に任せる

歳の差がある不倫カップルにとって、「結婚」はナイーブで憂鬱な話題であることがほとんどです。
「不倫相手のことは好きだけれど、ここまで連れ添った夫婦なのだから、今更別れられない」と考える人が多いのは事実です。
しかし、年の差不倫カップルの中には、「最後に一緒になるのは、本当に好きな人が良い」と、離婚をして不倫成就する人も確かにいます。
ただ、年下の立場から、年上既婚者の気持ちをどうにかしようとしてもなかなか上手くいかないもの。
結婚についてどう考えるかは、お付き合いの「流れ」と、年長者の判断に任せたほうが良さそうです。

周囲には不倫相手を絶対内緒にする

うんと年齢が離れた秘密の恋人がいることを、誰かに知らせたり、自慢したくなるかもしれません。
しかし、不倫はバレたら終わり!というのは年の差不倫でも同じです。
相手と出来るだけ長く一緒に居たい、と思うのであれば、誰かに相談したり自慢したい気持ちはぐっとこらえなければいけません。

束縛しない

年齢が離れていて、自分とは趣味も考え方も違う恋人の気持ちを、疑いたくなる瞬間があります。
本当は無理して自分と付き合っているのでは?年が近い人の方が相性が良いのでは?と不安にならずにはいられないんです。
でも、どんなに心配でも、相手を無理やり束縛しようとしてはダメ!
家庭がある人を束縛しようとしても上手くいかないし、「しつこい」「重たい」と嫌われる原因になってしまいます。
不安なことがあれば、その都度相手に伝え、「私のこと、好き?」と可愛く聞いてみましょう。
愛の言葉を沢山もらうことで、愛されている自信が持てるようになり、束縛する必要がなくなります。

若々しさを無くさない

自分より10以上年上の男性とお付き合いをする女性は、「彼に似合う、大人な女性にならなくては」と背伸びをしてしまうことが良くあります。
でも本当は、無理をして相手の年齢に合わせた大人びた格好や言動をする必要はないんです。
もともと彼は、あなたらしい、若々しい様子を見て好きになってくれたはず。
そのままのあなたの方が、彼にとっては魅力的なんです。
それに、自分よりうんと若い女性と付き合うことで、自信やモチベーションを取り戻せる男性は多いもの。
急いで大人になろうとせず、あなたはあなたらしく、そのままの魅力を大切にして下さい。

「年齢」を理由にした悪口を言わない

「オジサンには分からないと思うけど…」とか「君みたいな若い女性にはまだ難しいかな?」など、年齢を理由に相手を馬鹿にしないように注意しましょう。
口に出さなくても、お互い「歳の差」は気にしているところで、一番「恋人に指摘されたくない」と思っている部分です。
そもそも、歳の差はどうしようもないものであり、ケンカの原因や悪口を年齢のせいにするのは卑怯です。
恋人と話をする時は、どんな時でも思いやりと気遣いを持ちましょう。

年上恋人の事を尊敬する

歳の差不倫カップルが一番大切にしなければいけないのは、相手を尊敬する気持ちです。
「オジさんだから趣味がダサい」「オジさんだから考え方が古い」とバカにするのではなく、年長者が持っている沢山の知識や経験を認めて、尊敬しましょう。
恋人を尊敬し、頼りにする気持ちを素直に表現すれば、「可愛いから構って上げたい」「もっと大切にしたい」と相手から素晴らしい愛情を与えてもらえるに違いありません。

依存し過ぎない、お互いに自立する

歳の差不倫は、年下が年上に甘えやすい恋愛です。
付き合いが長くなるうちに、相手への信頼と愛情はどんどん深くなり、「なくてはならない存在」になるでしょう。
しかし、恋人への依存が強くなると、既婚者の家庭に迷惑をかけてしまいます。
また、年上男性と年下女性の不倫の場合、甘えることに慣れ過ぎて2人の間に父娘のような空気が生まれてしまい、不倫に大切な「恋人と接する時のドキドキ感」を得ることが出来ず、不倫関係が男性の負担になってしまうかも。
「娘ではなく、恋人」になれるよう、常に自立を心掛けましょう。

むすび

歳の差不倫を不安に思ったり、難しそうだと心配する必要はありません。
どれ程年齢が離れていても、相手と自分で違うことを認め合い、お互いに興味を持ち、尊敬する気持ちがあれば、必ず良い恋人同士になれます。
年上と付き合うことで豊かな経験を知識を教えてもらえるし、年下と一緒に居れば若々しくて元気な気持ちになれるので、お互いにとってメリットの多い関係です。
歳の差不倫を楽しんで下さいね♪