夫の理解がない。寂しい…不倫する?夫婦仲を改善する?

「不倫でもしてみようかな」と思い始めるきっかけは、多くの場合、夫婦仲に不満が溜まってしまった時です。

夫婦でいても全く胸がときめかない、相手への執着を感じられない時、何のために2人で一緒にいるのか分からなくなってしまいます。
デートをしてもセックスをしても、なんの刺激も楽しみも感じられない、となると、毎日が退屈でつまらなくて、不倫をしてみれば何か変わるのでは?と思わずにいられなくなるんです。

かと言って、「つまらない」という理由で夫婦の関係を諦めるのは躊躇われます。

夫婦仲を修復する方法はあるのでしょうか?それとも思い切って不倫するべき?
あなたなら、どうしますか?

夫婦生活で不満を感じているのは、自分だけではない

特に女性に多いのですが、夫婦仲が冷めてしまった原因を夫に押し付け、自分だけが辛くてつまらない思いをしていると決めつけてしまいがちです。

夫婦仲を不満に思い、危機を感じているのは自分だけではないことを理解しましょう。
2人の仲が冷めてしまっているのですから、夫婦2人とも、現状につまらなさを感じているはずです。

自分だけ良い思いをすればいい、相手が何か変えるべきだ、というわけではないんです。
「自分にとって良い夫婦、都合の良い関係」になろうとするのではなく、「夫婦2人で協力して楽しい生活をしよう」という意識を持ちましょう。

夫婦仲が修復可能な状態とは?

すっかり冷めてしまった夫婦仲だけど、まだ修復可能?本当にこれからでもラブラブに戻れる?と不安に思っている人も多いでしょう。
結婚相手が他の異性と話していると嫉妬してしまう、1人よりも2人でいる方が落ち着く等、相手に対する愛情が残っていることを自覚している夫婦。

また、記念日や誕生日等をお祝いし合う習慣が続いている夫婦。
毎日会話をし、ラブラブとは言えないけれど気まずい関係ではない、という夫婦。

このように、「何か物足りない気はするけれど、夫婦仲が完璧に悪いわけではない」という場合、夫婦仲の修復は比較的簡単です。

ラブラブな夫婦に戻る為の方法1:ご機嫌をとる

それでは、ラブラブな夫婦に戻る為の1つ目の方法をお教えいたします。
まずは冷え切った夫婦仲を温める為の「下地作り」をしなければいけません。
一緒に居る時に嫌な思いをする相手とは、どんな努力をしてもラブラブには戻れません。

2人共が楽しい気分で過ごせるように、楽しい雰囲気づくりを心掛けて下さい。
自分の機嫌を取ってもらおうとするのではなく、相手の機嫌を取ろう、という意識を、お互いが持つことが大切です。

これまでの夫婦生活で、相手が何をされたら嫌なのか、どうすれば喜ぶのか知っているはず。
機嫌を取り合って、楽しい気持ちで過ごせるように心掛けながら過ごして下さいね。

ラブラブな夫婦に戻る為の方法2:照れを無くす

熱心に愛情表現をし合う夫婦は、いつまでもラブラブでいられます。
「好き」「愛してる」など、愛の言葉をしばらく使っていないのではありませんか?

愛情表現をしない期間が長くなると、改めて愛情を伝えるのが恥ずかしく感じるようになってしまいます。
久しぶりに「好きだよ」「素敵だよ」と伝えれば、新鮮なトキメキと喜びと共に受け入れてもらえるはずです。

ラブラブな夫婦に戻る為の方法3:セックスをする

不倫をしようかな、どうしようかな、と思う程こじれてしまっている夫婦は、セックスが足りていないか、もしくはセックスを楽しめていません。
夫婦がお互いの事を強く愛し合っていればセックスレスにはならないし、気持ちの良いセックスが出来るはずです。

夫婦のセックスに物足りなさを感じているのではありませんか?
相手を積極的にセックスに誘って、夫婦で抱き合う時間を増やしましょう。

修復不可能なほど壊れてしまった夫婦仲とは

それでは、修復不可能なほどこじれてしまった夫婦仲とはどのようなものでしょうか。

まず、夫婦のどちらかが浮気をしている場合はかなり難しい状況です。
パートナー以外の女性に気が向いてしまうのは、夫婦の絆が壊れかかっている証拠です。

相手が浮気をしているのに気づいても、何も感じられない、相手のすることに興味を持てない場合は特に最悪です。
浮気をしたパートナーを責める気になれないのは、相手に愛情や執着が全く無いから。

何の感情も持てない相手との関係を、それ以上良くすることは出来ません。
諦めて、パートナー以外との出会いを探してみることをお勧めします。

まずは「自分がどうしたいのか」を考えてみる

不倫しよう!と決意する前に、夫婦仲の状況はともかく、自分が今のパートナーと将来的にどんな関係になりたいのか、まずは冷静になって考えてみましょう。

ただの興味本位や、勢いのみで不倫をしてしまうと、それが原因で家庭が壊れたり、周囲からの信用や仕事を失うなど、最悪の状態になってしまうかもしれません。

不倫をせずに夫婦できちんと向き合えば、またラブラブに戻れる可能性があるかもしれません。
不倫恋愛をする時は、リスクを受け止め、不倫バレしない為の必死の努力をしなければいけません。

不倫のルールを守り、最後まで楽しむ覚悟があるのだと決心出来るのか、じっくり考えてみて下さい。

何を求めて不倫をするか、目的を決めよう

夫婦仲が悪くなったことがきっかけで不倫を始める前、不倫をすることでどんなメリットを得たいのか、目的を決めましょう、

「夫婦仲が冷めてしまったことで感じるようになってしまった切なさを解消したい」
「もっと楽しめて、興奮出来るセックスをしたい」
「恋のトキメキを再び手に入れて、人生に刺激と潤いを得たい」
等、不倫の目的は人それぞれです。

どんな不倫をしたいのかが決まれば、どんな恋人と出会いたいのかが分かるはずです。

目的に合った不倫相手を探す

寂しさや切なさを解消したいのであれば、本気で愛し合える、自分の理想の恋人を探しましょう。
セックスを充実させたいのであれば、身体の相性が良く、性的に魅力的な異性を探すべきです。

どんな相手と出会い、恋をしたいのか、具体的にイメージしながら恋人探しをして下さいね。

次のページ ◯◯で寂しさを埋める方法