もう彼の家族に嫉妬しない!不倫相手にヤキモチを焼かない為の方法16つ

不倫中の女性の心をネガティブにしてしまう感情の中で大きなものは「嫉妬」です。
不倫恋愛中の女性の多くは、抑え込むことが出来ない、どうしようもない嫉妬心に苦しめられます。

自分は大好きな彼とずっと一緒に居ることは出来ないのに、妻や家族は彼と毎晩一緒に寝ることが出来るというのは、仕方がないと分かっていても羨ましいし妬ましいものです。

どんなに「愛してる」と伝え合っても、結局彼は家族の元へ帰って行ってしまいます。
彼の家族が羨ましい、憎い、と嫉妬してしまうことを止められません。

でも、ヤキモチを妬いたままイライラし続けると、いつか彼の事を嫌いになってしまうかも。
ヤキモチを妬かずに、ニコニコしながら不倫恋愛を楽しむ為の方法にはどのようなものがあるでしょうか。

ヤキモチのストレスは女をブスにする

そもそも、不倫にヤキモチはつきものなのに、何故ヤキモチを妬いてはいけないのでしょうか。
その一番大きな理由は、ヤキモチは女をブスにするからです。

イライラやモヤモヤは、女性に大きなストレスをかけます。
食事がとれなくなったり、逆に過食をしたりして、体型が崩れてしまうかも。
眠れなくなって、肌が荒れたり顔色が悪くなることもあるでしょう。

ヤキモチは女性にとって良い事無し。
若々しさと美しさを守る為にも、早くヤキモチを無くしてストレスを解消しましょう。

独占欲が強すぎるとやきもちを焼いてしまう

ヤキモチを妬いてしまう女性の特徴は、独占欲が強いことです。
「相手を自分のものにしたい」「自分だけを見てほしい」という気持ちが強すぎるから、恋人の近くに居る多くの女性にヤキモチを妬いてしまいます。

独占欲が強いというのは性格的な特徴ですので、治そうとしても上手くはいきません。
ヤキモチを妬かない為の工夫や、ヤキモチを妬いても心を落ち着けられる方法を身につけましょう。

彼に愛されている!という自信を持つ

彼の家族に対して「ズルイ」「憎い」と思うのは、自分より妻や家族の方が大切にされている、愛されている、と感じるからです。
ヤキモチを妬いてしまうのは、「彼からの愛情が足りない、もっと愛して欲しい」という気持ちの裏返し。

でも本当は、そんな風に彼の家族を恨めしく思う必要はありません。
お付き合いが継続している以上、女性は確かに強烈に愛されているに違いないからです。

不倫恋愛はスリルが多く、過酷な関係なので、本物の愛情が無ければ続いていないはず。
「デートを楽しく過ごせると言う事は、2人は確かに愛し合っているんだ!」と自信を持ちましょう!

妄想するのを止めて、現実だけを受け止める

相手の家族に嫉妬したりヤキモチを妬いたりする時、無駄な妄想をしてしまっています。

「きっと今頃、家族で楽しく夕食を食べているよね」「今週末は、彼と奥さんはエッチしているかも」など、勝手な妄想で、自分で自分の事を傷つけてしまっているんです。

彼の家の中の事をあれこれ考えるのは止めて、彼とのデートの思い出や彼から言われた嬉しい言葉など、自分が体験した確かな現実だけを大切にして下さいね。

コンプレックスを無くす

自分自身の性格やスタイルに自信が無い部分があるから、彼から愛されている自信を持てず、家族に嫉妬してしまうという場合があります。

「ぽっちゃりしていて子供っぽい」「不器用で仕事が遅い」と、コンプレックスに感じていることがあるのではありませんか?

自分に自信が持てるようになれば、嫉妬することはなくなるはず。
コンプレックスを無くし、彼からの愛を素直に受け止める努力をしてみましょう。

他の女性と自分を比べるのを止める

彼の周囲にいる女性や妻を、見ているだけでイライラしてしまう!というのは、彼女達の方が自分より優れていると感じるからです。

優秀な女性達を見ていると、彼の気が変わるのでは?
彼女達の方が彼とお似合いなのでは?と不安になって嫉妬してしまうんです。

他の人と自分を比べるのは止め、愛されている自分自身の「良さ」に注目して、自分の魅力をもっと彼にアピールしてみましょう。

家族の話をするのを止めてもらう

不倫中の女性が最もヤキモチを妬いてストレスを受けるのは、彼が家族の話をしている時でしょう。

「彼が言うことなら、どんな愚痴や自慢でも聞いてあげたい」と思って、我慢して聞き続けている不倫女性は多いもの。
でも、彼の家族の話なんて、本気で愛していればいるほど聞きたくないと思って当然のものです。

平気なフリをしながら聞いていても、心は大きなダメージを受けていて、その後ずっと引きずることになってしまいます。
嫉妬のストレスを感じていると自覚したら、彼にお願いして、家族の話をするのはしばらく止めてもらって下さい。

自分磨きをする

彼の周りに居る女性のなかで、自分が一番魅力的!という自信が持つことが出来れば、誰にも嫉妬する必要はありません。
ダイエットやエステ、習い事等、より素敵な女性になる為の努力をしましょう。
「彼の為にこれだけ頑張ったんだから、愛されているはず」と思うことも自信に繋がりますよ。

資格や免許をとる

どれほど「美しくなるための努力」をしても、世の中にはもっと綺麗な人が沢山いて、キリがないと感じるかもしれません。
そんな時は、自分の魅力を「数値化」することでより安心出来る場合があります。

仕事で役立つ資格や免許を取れば、出来ることがより多くなった、成長できた!と分かりやすく実感出来るでしょう。
沢山勉強をして資格を取ったことで、恋人にとって自慢の女性になれたと胸を張れるようになるはず。

「どんな風に自分磨きをすればよいか分からない」という女性は、是非資格や免許取得をしてみて下さいね。

次のページ ◯◯されても大丈夫!と自立する