男性心理を全部教えます!不倫したい、妻と離婚したい、不倫相手と別れたいと思うとき

女性にとって、男心にはまだまだ「未知」な部分があります。

どうすれば相手の男性が自分の事を好きになってくれるのか、どんなことがきっかけで恋人と結婚を決意し、妻と離婚してくれるのか、男心をよく知ることで、彼との永遠の愛を手に入れることが出来るはずです。

彼とずっとラブラブでいる為に、男性心理の本当のところをよく知り、彼の事を理解しましょう。

男心と女心の基本的な違い

女性は、恋をしたり、何かを好きになる等のキッカケはいつでも自分が中心です。

好みの異性に出会った時や、自分にとって条件が良いと思える相手と巡り合った時、どうしようもなく好きになってしまわずにいられません。

相手の気持ちや、自分との相性などは、付き合い始めるようになってから考えます。
それに対して男性は、自分の気持ちよりも周囲の状況や、相手と関わるうちに恋を見つけます。

衝動的に一目惚れをするよりも、恋人を作りたくなるような出来事やきっかけがあった時に、「好きになれそうな相手」を探して、恋愛をスタートさせるのが特徴です。

男性は基本的に「寂しがり屋」!心に隙間が開くと浮気したくなる

既婚男性が「不倫をしたい」「妻以外の女性と関わりを持ちたい」と思うようになるのは、寂しさを感じ始めた時です。

どんな男性でも、家族のことを大切に思う気持ちを必ず持っていて、家族を愛し愛され、お互いを大切に出来ているうちは不倫をしようとは思いません。

家族との距離が開いたり、自分が大切にされていない、家の中で孤立している、と感じると寂しくなってしまいます。
どうしようもない寂しさを解消する為に、自分の心を癒してくれる不倫相手を求めるようになります。

恋のきっかけは興味心

男性が女性の事を好きになるきっかけは、「もっと相手の事を知りたい」という興味心が生まれることです。

気になる魅力があったり、もっと相手の事を良く知りたいとか、他の人とは違う特別な性質を持っている女性には、ちょっかいを出さずにいられません。

相手女性に対して「知りたい気持ち」が生まれ、興味を持って追いかけ続けていると、「追いかける気持ち」「執着」に変わって、いつの間にか好きになってしまうというわけです。

何を考えているか分からないようなミステリアス女性がモテるのは、この為です。

手間がかかる面倒な恋愛は嫌い

女性は、男性を焦らしたり、振り回したり、逆に凄くイチャイチャしたりなど、相手の気持ちを煽って盛り上げる「恋の駆け引き」をすることで恋愛のチャンスを作ろうとします。

でも、既婚男性にとって駆け引きは必要なものではありません。

女性の思わせぶりな態度や、気まぐれな様子は「何を考えているのか分からない」と思ってイライラしてしまうんです。

既婚男性は恋愛をする目的がハッキリしていて、出来るだけ早く、簡単に恋人を得たいと思っているので、女性に対して手間をかけたくないんです。

てっとり早く付き合ってくれそうで、自分を好きになってくれそうな女性を狙います。

愛情表現はしたくないのではなく「出来ない」

恋人の既婚男性がなかなか愛情表現をしてくれないことに対して不満を抱えている女性は多いものです。

しかし、男性は「好き」とか「愛してる」なんて言葉に出すのはどうしても照れてしまいますし、妻にも言わないような愛の言葉を他の女性に言う事に対する申し訳なさもあります。

また、恋人へも、「好きとは言いつつもその気持ちは永遠ではないかもしれない」という葛藤があって、言葉に出すことが憚られます。

愛情をハッキリ言葉に出すことで、不倫相手女性に変な期待を持たせてしまいそうで心苦しいという気持ちもあります。
このように男性は複雑な気持ちを抱えていますが、可愛い恋人が「好きって言って!」と素直にオネダリすればきっと言ってくれます。

是非、彼にお願いしてみて下さいね。

恋愛よりも仕事が優先

男性にとって仕事は、家族と同じかそれ以上に特別なものです。

仕事をしっかりとこなし、職場で認められることで、自分のアイデンティティを確立したり、自信を手に入れることが出来るなど、男としての誇りを感じる男性は多くいます。

仕事を大切に思っているし、いつでも仕事に集中できる環境を作っていたいので、その邪魔になりそうな女性とは恋愛が出来ません。

「仕事と私、どっちが大事なの?」という質問が男性を困らせるのは、男性にとってある意味で仕事の方が大切だからです。

家庭にも浮気相手にも束縛されたくない

不倫恋愛をする時に、「束縛」は絶対にNGだと皆が思っています。

しかし実際は、既婚男性は「不倫相手に束縛されると困る」のではなく、誰に束縛されても困ると思っています。

不倫相手からだけではなく、「帰るのが遅い」とか「飲み会が多い」など、家族に文句を言われたり、行動を制限されることも嫌な気持ちがします。

男性にとって自由でいること、自分のやりたいことが出来る環境はとても大事です。
「不倫相手に束縛されたら困る」というわけではなく、男性はそもそも束縛が嫌いだということを理解しましょう。

妻よりも「上」の立場でいたい

男性にとって優秀な妻は頼もしい存在ですが、あまりにも優秀で頼りがいがあり過ぎると正直いって「やりづらい」のが本音です。

男性なら誰でも少なからず、女性をリードしたい、家庭の中で大黒柱でありたい、という気持ちがあるものです。
家族から頼られたい、大切にされたい、夫としてしっかりした存在でありたいんです。

妻があまりにもしっかりし過ぎると、「自分を頼ってくれる、か弱い女性」を求めて夫は不倫をしてしまいます。

カッコ付けたい、見栄を張りたい

不倫相手男性が小さい嘘を吐いたり、見栄を張った行動をとったりするのに気付くと、「騙されてる」「何かを誤魔化そうとしている」と感じてガッカリした気分になるかもしれません。

でも、男性はいくつになっても女性から「カッコイイ!」「素敵!」と言われたいもの。
女性の前で情けない態度や、カッコ悪い態度は絶対に見せたくないんです。

彼が嘘を吐いたり見栄を張ったりするのは、相手女性に好かれたい気持ちがある証拠です。

次のページ 妻への情よりも◯◯◯!?