中途半端が一番ダメ!不完全不倫をしている女性の特徴と改善点

避妊せずにセックスする

不倫恋愛において避妊をしないのは、とても危険な事です。
つい避妊せずにセックスをしてしまう女性は、その不完全な気持ちを改めなければいけません。

男性が避妊していないと気付いたのに、「まぁいいか」で指摘しなかったり、「生でいい?」と聞かれ、気持ち良さに負けて頷いてしまうのは止めましょう。

不倫相手のことが好きだから付き合っているのか、セックスをしたいから一緒にいたいのかが曖昧になっています。

→避妊は不倫の絶対条件!曖昧にせず、2人で注意し合って

相手と自分のことを大切に思うなら、絶対に避妊しなければいけません。
もし妊娠してしまったら、女性は身体と心に大きなダメージをおってしまうかもしれません。

避妊してくれない相手は、あなたの身体と心のことを気遣っているとは言えず、本当の意味では愛してくれていません。

セックスに夢中になるとついつい避妊がおろそかになるのは、男女共にあることなので、2人ともがお互いに注意しあって、安全にセックスを楽しみましょう。

恋人の「ダメなところ」ばかり探してイライラする

「連絡が遅い」「デートがいつも同じとことばかり」「プレゼントにセンスがなくて、ケチ!」など、恋人の不満なところばかり探してしまう女性っていますよね。

なんでこんな人と付き合っているんだろう?とイライラするのに、お付き合いは止められない、というパターンです。

このような女性は、自分の恋人の「良い所」を素直に受け入れられず、不倫恋愛で不幸になる原因を相手に押し付けてしまっているのかもしれません。

→自分の本音をきちんと伝えられていないのかも?恋人と話し合う時間を増やしてみて

不倫恋愛中の女性がイライラしてしまうのは、ほとんどの場合、相手からの愛情不足が原因です。

どんな出来事があっても、「恋人に愛されていて、幸せだ」という気持ちがあれば我慢出来ます。

イライラする原因の根底には、「彼が自分の気持ちを分かってくれていない」という本音があるのでは?

恋人と話し合う時間を増やして、もっとお互いの本音を伝え合うようにしましょう。

自分に言い訳ばかりする

もっと彼に愛されたいのに、愛してもらえない、というモヤモヤを感じているのに、愛される為の努力をせずに言い訳ばかりしている女性がいます。

「仕事を一生懸命しているから、女子力が低くても仕方ない」「彼の奥さんの方が年上だから、セクシーさで負けているのは仕方ない」など、彼好みの女性になれない言い訳探しにばかり必死になっています。

恋愛は、お互いがお互いを好きになる努力をすることで高め合う関係でなければいけません。

→愛される為の努力から逃げないで!頑張る女の子はカワイイ!

言い訳を繰り返す女性は、「逃げ癖」がついてしまっています。

愛されないのも、不倫恋愛が上手くいかないのも、彼が家族と別れてくれないのも、仕方ないことなのだと逃げて諦める為に、言い訳をしているんです。

そんな風に恋人との関係を真剣に考えることから逃げて、諦めてばかりいては不倫恋愛を楽しめないのは当たり前!

中途半端な不倫は終わりにして、彼を家族から奪う為の努力をしましょう。

愛されている自信を持てない

「どうせ自分なんかが本当に愛されるわけがない」「彼は奥さんのことが一番大事に違いない」と、諦めモードで不倫恋愛をしてる女性は、気持ちが曖昧で不完全です。

自分自身や、彼との関係に自信が持てないまま男性の言いなりになっているけど、その不満を言えずにいます。

不安なことがあったり、不満が多くても、「恋人から愛されている」という自信を持つことが出来なければ、完全な不倫恋愛は出来ません。

→相手に振り回される関係は終わり!相思相愛の純愛不倫を目指して

彼からの愛情を感じることが出来ないとか、愛されていないと思うのに付き合い続ける不倫なんてあり得ません。
あなたを本当に大切にしてくれる男性と、幸せなお付き合いをするべきです。

恋人から愛されている実感を持てないのは、「自分には愛される価値がある」という自信を持てていないことが原因かも。

自分は男性に大切にされるべき女なんだ、恋人は自分を心から愛してくれるに違いない!という自信を磨くことで、女性は自立し、一人前になることが出来ます。

成長した恋人の事を、男性は大事にしてくれるようになるでしょう。

むすび

不倫恋愛中の女性は、自信を無くしたり、自暴自棄になったりしがちです。

「不倫しようかな?どうしようかな」「本気の純愛不倫なんてあり得ない」「どうせ、いつか終わる恋」なんて、諦めモードになってしまうから、中途半端な不倫しか出来ないのです。

自分の気持ちを強くし、お互いがとことん愛し合う、完璧な純愛不倫を目指しましょう。