興奮するのは野外青姦!?不倫カップルにお勧めのエッチする場所

お互いのスケジュールを確認し、家族へのアリバイを準備し、誰にも見られない場所でこっそりデートをし、レシートや残り香など恋人の存在を匂わせる痕跡が一切ないように身の回りの処分をしてから自宅に帰る…。

不倫カップル達は、1度のデートをするのに準備しなければならないことが多いので、頻繁に、ゆっくり時間を取ってデートをするというわけにはいきません。

しかし、折角デートをするのであれば恋人とのセックスを楽しみたい!
ラブホに行くほどの時間はないけれど、恋人と抱き合いたい!というカップル達へ。

わざわざラブホに行かなくても、手軽にエッチ出来ちゃう内緒のスポットをお教えいたします。

スリル満点!公園

街灯が無い場所を選べば、夜の公園は暗くて人目につきません。
もし誰かが近くに来ても、ひっそりと息を潜めればその場をやり過ごすことが出来るでしょう。

「誰かに見られるかもしれない」というスリルも、特別な快感になり、2人の愛情をより盛り上げてくれますよ♪

野外セックスとしては最もポピュラーで、お手軽なセックス場所です。

解放感に浸れる海辺

都会の喧騒を離れて、さざ波の音を聞きながらするセックスもお勧めです!

海辺は灯りが少ないので、岩陰や小屋の影に隠れてしまえば誰かに見られることはありません。
時間が遅くなればなるほど人気が無くなるので、海辺の近くに住むカップルは是非、海辺でのセックスを楽しんでみて下さいね。

さざ波の音を聞き、潮風を感じながらのセックスは、よりお互いの心と身体を解放することが出来るでしょう。

2人きりの世界を感じられる山

海でのセックスがありなら、山でのセックスもお勧め!
山に登って夜景を見るついでにセックスもしちゃいましょう。

静かな山の中でのセックスは、世界中で2人きりになったような特別な密着感と、相手への執着を感じられます。

ちょっと山の中に入れば監視カメラもありませんし、人に会うこともないので、思い切って野外セックスに挑戦してみて下さいね。

意外な穴場!屋上

近くに海や山なんてない!という都会派カップルにお勧めしたいのは、屋上でのセックスです。
夜の遅い時間に、わざわざマンションやビルの屋上に上ってくる人はほとんど居ないんです。

景色も良く、都会の風を感じながら刺激的なセックスが出来るに違いありません。

ただ、屋上の監視カメラや、向かいのビルの窓から覗き見されたりすることのないように注意して下さいね。

社内不倫なら一度は試したい社内セックス

折角社内不倫をしているのであれば、常に一緒に居られる社内でエッチしない手はありません。
昼間、皆が働いている会社内で、秘密の不倫セックスをしているというシチュエーションは、2人の興奮度をMAXまで高めてくれるはずです。

「他の人に気付かれたらどうしよう」「仕事をする場所で、こんなイケナイことをするなんて…」という背徳感は病みつきになってしまうかも♪

次の日、出社して「前の夜、ここで彼とエッチを…」と考えるなど、次の日まで楽しめちゃいます。

意外にエロティック!個室トイレ

建物内は、どんな場所でも「監視カメラ」に注意しなければいけません。
絶対に監視カメラに取られることがない場所といえば、トイレです。

夜の公衆トイレは人気がありませんし、障害者用のトイレに入れば十分な広さも確保出来ます。
「汚い場所でエッチしたくない」という人は、映画館やデパートなど、出来るだけ綺麗で清潔なトイレを利用しましょう。

しかし、やはりトイレでは衛生面が心配です。
感染症などにならないよう、トイレで無理なセックスはしないように気を遣いましょう。

旅館で思い出に残る特別なセックス

ラブホに行く時間が無い!なかなか恋人とデート出来ない!というカップルは、無理に回数を稼ごうとせず、1度のセックスを出来るだけ印象的に、お互いの思い出に残るようなセックスになるよう演出しましょう。

不倫デートは、一緒に居る時間が長いほど、そして密着率が高いほどお互いに満足することが出来ます。

特別な思い出作りをする為に、思い切って旅館まで出掛けてみましょう。
旅館まで行けば、誰にも見られずに好きなだけイチャイチャ出来ますよ。

お風呂場エッチなら片付けも楽♪

ラブホに行く時間が無い!でも、どうしても2人きりになりたい!という場合、2人のどちらかの自宅でデートをすることもあるでしょう。
一方が1人暮らしであればベッドでセックスをしても良いのですが、結婚していたり、実家に住んでいる場合は、お風呂でセックスをしましょう。

セックスの後、証拠を洗い流したり、匂いを喚起するのがあっという間に簡単に出来ます。
セックスの後片付けを確実に速やかに済ませたいカップルにお勧めです。

次のページ 野外セックスの王道は◯◯◯◯?!