手遅れ?!それとも引き止められる?「もう別れよう」と言われてから復縁する方法

相手の気持ちが冷めかけている時に冷却期間を置いてはいけない

ケンカをしているわけではなく、不倫に対するモチベーションが落ちてしまっていたり、不倫相手への興味が薄れてしまっている場合は冷却期間を置くとそのまま関係が自然消滅してしまう可能性があります。

恋愛感情が冷めかけていると感じる時は、2人で居る事の楽しさや、不倫恋愛をすることの幸福を思い出す事が出来るような工夫をしましょう。

昔の楽しかった出来事を話し合ったり、2人で撮った写真を見返したりなどしてみてはいかがでしょうか?

冷却期間開けは積極的に連絡を取る

ある程度冷却期間を置いて、お互いに冷静になれたと感じたら、あなたの方から積極的に連絡を取りましょう。

何事も無かったかのように、「元気?」「ご飯でもいかない?」と軽い雰囲気で誘って下さい。
「別れよう」と言い出した方からは連絡を取りづらいし、別れを言い出したことで2人の関係が気まずくなっているのでは?と気にしています。

2人の関係は悪くなっていないし、まだ好きだという気持ちを伝えて復縁に結び付ける為にも、どんどんメールやLINEを送りましょう。

相手にとって「必要な存在」になる為の努力をする

やっぱり別れるのを止めよう、今の恋人と仲直りしよう、と思うきっかけは、相手の存在が自分にとって必要で、なくてはならないものだと感じた時です。

例えば、恋人が居なくなると「これまで愚痴を聞いてくれてた人が居なくなって、ストレスが溜まってしまう」「満足のいくセックスが出来なくなって、身体を持て余してしまう」など思わせることが出来れば、あいてはあなたを求め、別れを回避出来ます。

相手の心と身体を癒す努力をしましょう。

一番復縁が難しいのは、マンネリが原因の時

もし恋人と別れようと思った原因がマンネリである場合は、復縁を決意するきっかけを探すのがとても難しくなります。

不倫恋愛を続けていく為のモチベーションは、新鮮さやスリルです。
恋人への愛情が薄くなりかけているし、不倫デートをしてもスリルを感じないとなると、このままの関係を続けていく意味を感じられません。

例えば、一泊旅行のデートに行ってみたり、どちらかの家に行ってみるなど、ドキドキする特別なシチュエーションを用意して一発逆転に期待しましょう。

恋人に依存しない、自立する

別れかかっている恋人との復縁を目指す時、つい「何でもするから別れたくない」「これからはあなたに尽すから捨てないで」 と恋人に縋ってしまう人がいます。

しかし、不倫恋愛において相手に尽し過ぎるというのは、自分の立場がとことん弱くなってしまうことを意味しますし、「自分に依存する厄介な恋人」と思われて、嫌なイメージを与えてしまいます。

恋人に依存するのではなく、自立し、大人の恋として不倫を楽しめることをアピールするべきです。

「もう一度チャンスを下さい」という言葉の危うさ

別れたがっている相手に「もう一度チャンスを下さい」「もう一回だけ、私と付き合って」という言葉はとても危険です。
「最後のチャンス」は、それが失敗したらそこで終わりという意味です。

どんなに仲の良いカップルでも、お付き合いを続けていれば必ずケンカをしたりトラブルになってしまうんです。
折角復縁をしても、恋人とケンカをしてしまうことはこの先に必ずあります。

「最後のチャンス」なんて言葉を使ってしまうと、いつか別れることが約束されてしまいます。

結婚については慎重に考える

別れを回避して、付き合い続けることになった場合、次に考えるのはやっぱり「結婚」のことについてでしょう。
しかし、不倫カップル達は結婚についてとても慎重にならなければいけません。

別れを回避出来たとしても、その後すぐに「結婚したい」「ずっと一緒にいたい」と言い出すと、相手にプレッシャーを与えてしまい、鬱陶しがられてしまいます。

男性が復縁を受け入れるのは、相手に本気の愛情がある証拠!

もし恋人の心を繋ぎとめることに成功し、復縁を受け入れてもらうことが出来ても、「またすぐ心変わりされてしまうかも」「気まぐれでOKしてくれただけかも」「まさか、セフレ扱いされてしまうのでは?」等と不安に思うことが沢山あると思います。

しかし、男性の方から「別れたい」と言い出して、それを撤回してもらうことが出来た場合は、愛されている自信を持って良いでしょう。
男性の多くは恋愛に対するプライドが高く、一度自分の方から「別れて欲しい」と言った言葉を撤回するのには大きな勇気と決断が必要なんです。

それほど、不倫恋愛への可能性を信じているし、恋人への愛情と未練がある証拠です。

おわりに

大好きな恋人にお別れを言い出されてしまうと、ショックで、冷静さを失ってしまうのは当たり前です。

パニック状態のまま、恋人と話をしようとしても上手くいかないし、思ってもいないことを口にして相手との関係をより悪くしてしまうかもしれません。
まずは返事を保留にし、気持ちが落ち着いて冷静になるための時間を過ごしましょう。

無事に恋人との関係を繋ぎとめ、これまで以上にラブラブな関係になれるように応援しています!