彼女が怒る原因は?!不倫中の女性が泣くほど傷つく16つの出来事

彼が風俗に行っていると知った

男性にとって風俗は息抜きのようなものです。
たまには、妻とも恋人とも違う女性とお酒を飲みたいとか、触れ合いたいと思うことがあります。

しかし、不倫恋愛をしている女性は、少しでも沢山の時間を相手と一緒に過ごしたいという気持ちが強くあります。
風俗に行く時間とお金があるのであれば、自分を構ってもらいたいと思うんです。

また、プロの女性を頼ると言う事は、自分に不満があるんだ、自分では恋人を満足させてあげられないんだと悲しくなってしまいます。

「好き?」と聞いたのに返事がもらえなかった

不倫をしてる男性の中には、積極的に「好き」「愛してる」と言う事が出来ない人がいます。
不安な気持ちを抱えながら不倫恋愛をしている女性にとっては、男性の本音を聞くことが出来ないのは心配でたまらないんです。

その心配な気持ちを抑えきれなくなって、とうとう「私の事、好き?」と勇気を出して恋人に聞いたにも関わらず、その返事をもらえなかったとなると、いよいよ恋人の気持ちが分からなくて混乱せずにいられません。

女性から「好き?」と聞かれた時は、好きでも、そうでなくても、素直な気持ちを伝えて欲しいものです。

セックスの後に冷めた態度をとられる

恋人に対する男性の本当の感情が出るのは、やはりセックスの後です。
2人でセックスを楽しみ、性的に満足した後、初めて恋人と「素」の表情で向き合うことが出来ます。

女性はそのことが良く分かっているから、セックスの後男性が冷めた表情を見せたり、「さあ帰ろうか」と態度を切り替えてしまうと、自分への愛情が本気ではない、セックス目的で自分と一緒にいるのかも、と確信して傷つきます。

妻と比べて悪く言われた

既婚男性とお付き合いをしている女性が一番気にするのが、恋人の奥さんと自分を比べられることです。
特に、「妻はもっと料理が上手い」「妻ならもっと優しくしてくれる」など、妻と比べて自分を悪く言われるのが一番傷つきます。

身近にいる妻と、お付き合いを楽しんでいる恋人をつい比べてしまうのは男性の悪い癖!
妻と恋人は完全に区別して、比較しないように心掛けて欲しいものです。

「早く結婚しなよ」と言われた

不倫中の女性は、自分の将来のことや結婚についてはあえて考えないように心掛けています。
妻子ある男性と許されない恋をしているのだから、せめて恋人と真摯に向き合い、付き合い続けなければいけないと思っているからです。

それなのに、恋人に「早く結婚しなよ」「将来のことについてちゃんと考えているの?」と言われてしまうと、恋人は自分との将来を考えていないこと、自分との関係に責任を持とうとしていない事が分かって、泣きたいくらい悲しくなります。

「俺以外の男も見てみなよ」と言われた

男性は、既婚である自分が独身女性の貴重な時間を独占していることに罪悪感を感じているし、彼女に幸せになって欲しいと思う程、他の男性を薦める気持ちになってしまいます。

そんな気持ちで、つい「もっと良い男が他にもいるよ」「合コンとか行ってみたら?」と言ってしまいます。
しかし、この言葉は女性の心を大きく傷つけてしまうんです。

自分は彼のことを真剣に愛しているのに、彼は他の男と自分を付き合わせようとしている…というのは、どれだけ彼を愛しても片思いである、ということを自覚させられるからです。</span

不倫なんてしたくなかった、と交際を否定された

不倫恋愛は、確かに許されない関係です。
誰にも言えないし、堂々とデートも出来ないし、恋人関係であったことは一生秘密にしなければいけません。

しかし、本気で愛し合っているからこそ、お付き合いをせずにはいられません。
「不倫をしたくない」というのは、「あなたを好きになったことを後悔している」と言われたも同然なので、ショックを受けないはずがありません。

その感情は「好き」じゃない、と恋愛感情を否定された

「君は、既婚男性に憧れているだけだよ」「不倫恋愛をしてみたかっただけで、俺のことなんて好きじゃないんだろう?」というのは、自分に自信のない男性や、不倫恋愛を続けていくことを不安に思っている人がつい言ってしまいがちな台詞です。

恋人を一生懸命愛し、寂しさや切なさに耐えながら不倫恋愛を続けている女性にとって、「その感情は勘違いか、ニセモノだよ」と言われるのはとても悲しいことです。

妻との離婚話は進んでいる、と言っていたのが嘘だった

既婚男性とお付き合いをしている女性が言われて最もガッカリするのは、やはり「妻と離婚するというのは、嘘だった」と知った時でしょう。
恋人と結ばれたい女性にとって、彼が奥さんと離婚してくれるのはマスト!

彼が離婚を成立させてくれることが、愛情の証明であり、自分の結婚に向けてのスタートなのです。
離婚話が実は進んでいなかった、と知らされると、「泣く」では済まない程傷ついてしまいます。

おわりに

不倫恋愛中の女性はとってもデリケート!
ちょっとしたことでも不安になったり、悲しくなったりしてしまいます。

しかしそれでも、恋人と楽しく過ごしたい、相思相愛で仲良くありたい、と思うから、その辛さに耐えながら笑顔で不倫を続けているんです。

不倫をしている男性はそんな健気な女心を理解し、恋人を傷つけてしまうことの無いよう気を付けて下さいね。