好きな人のただの友達から不倫相手、浮気相手になる方法14つ

友達として仲良くしているつもりの彼を、気が付いたら好きになってしまっていた。
これから先は友達としてではなく、恋人としてお付き合いがしたい!

いつか家族から略奪出来るよう、ラブラブなカップルになりたい!と思った時、どのようにすれば不倫の恋人へステップアップすれば良いのでしょうか?

既に友達として親しく出来ているのであれば、チャンスときっかけさえあれば恋人になるのは難しくないはずです。
今回は、友達から不倫恋人へステップアップする方法についてご紹介致します。

友達以上恋人未満カップルの特徴

友達の中では特別に仲良しだけど、恋人ではない、つまり「友達以上恋人未満」とは、どのような関係のことを言うのでしょうか。

その特徴は、2人きりで出掛けたり食事をすることはあるけれど、イチャイチャはしないということ。
時間が合えばお酒を飲みに行くこともあるけれど、キスやセックスはしないプラトニックな関係です。

身体の関係がないから「不倫」にはならないし、付き合っていないから「別れる」「フラれる」というプレッシャーも無くて、とても気楽な関係です。

しかし、友達期間が長くなりすぎると現状に満足してしまって、「恋人」には昇格しづらくなってしまうかも!
相手の事を好きになったと自覚したら、出来るだけ早く、半年以内には恋人になる為のアタックを開始しましょう。

失敗したら友達にも戻れなくなる!?

友達から恋人への一歩を踏み出す時に不安になるのは、「もし告白に失敗したり、フラれてしまったら、もう元の友達関係にすら戻れなくなってしまうのでは?」「気まずくなって、それまでのように仲良く出来なくなるのでは?」ということですよね。

でも、心配する必要はありません。
男性は、女性に告白されること、好かれることをどんな時でも嬉しいと思うものです。

もし告白してフラれてしまっても、それまでよりもっと親しい友達になることが出来るでしょう。
心配せずに、恋人へのステップアップを目指しましょう!

「恋人が欲しい」とアピールする

友達状態にある相手に、自分を異性として意識してもらいたいのであれば、まずは「恋人が欲しい」「あなたに私の恋人になってもらいたい」という気持ちをハッキリ伝えなければいけません。

「今、凄く恋愛がしたい気持ちなんですよね」「男性にドキドキさせてもらいたいなあ」と彼の目を見ながら伝えましょう。
友達から恋人に昇格したいというあなたの気持ちを分かってもらうことが第一のステップです。

ロマンティックなデートをする

それまで、友達として「軽い」デートをしていた場合は、デートの内容を「恋人っぽいもの」へと変えましょう。
オジさん達が集まる立ち飲み居酒屋ではなく、2人で座って落ち着いて話せる雰囲気の、個室があるお店で食事をしましょう。

2人で一緒に居る時の「雰囲気」がロマンティックなものになるよう演出をすることで、友達よりも一歩踏み込んだ関係であるような気分にさせることが出来ます。

酔っ払って迫る

不倫恋愛をスタートさせたい時は、「お酒」が2人の強い味方になってくれます。
お酒の酔いは人の気持ちを素直にさせ、大胆に振る舞わせてくれます。

また、「許されない恋」「禁断の関係」という一線を越える時に、「お酒に酔っていたから」という言い訳があると一歩を踏み出しやすくなるんです。
友達期間が長くて、恥ずかしくて積極的に迫れない、大胆になる勇気を持てない、という場合は、是非お酒の力を頼りましょう。

「生活感」を見せない

既婚男性の友達から不倫相手へステップアップする時に必ず押さえておきたいコツは、「生活感」を消すことです。

既婚男性の傍に居る妻は、彼の生活の一部になっている存在です。
主婦は敬遠するようなフェミニンなファッションや、雑誌から抜け出てきたような流行りの服を着て、「その爪で家事が出来るの?」と思われるような素敵なネイルをして、「毎朝どれくらいメイクに時間をかけているの?」と思われるようなバッチリメイクで彼に会うように心掛けて下さい。

生活感に溢れている妻と差をつけることで、彼にとっての「恋愛対象」になることが出来ます。

「恋愛相談」は絶対にしない

自分にとって相手が特別な存在であることをアピールする為に、他の人にはしないような秘密の相談をする、という方法があります。

しかし、友達から抜け出して彼の「恋人」になりたいのであれば、「恋愛相談」だけは絶対にしてはいけません。
何故なら、自分の好きな相手に直接恋愛相談をすることはないから。

恋愛相談をされた時点で、「彼女にとって自分は恋愛対象ではないんだ」と勘違いをさせてしまいます。
恋愛相手として意識して欲しいのであれば、恋愛相談はNGです。

次のページ 相手と◯◯◯と◯◯◯を持つ