断られても諦めない!好きな人にOKしてもらえるデートの誘い方

気になる相手との関係を前進させる為には、とにかく2人きりにならなければいけません。
2人で過ごすタイミングが多くなり、時間が長くなるほど、親密な関係になるのは間違いないからです。

不倫関係になる為に、相手との接触を繰り返し、お互いに信頼と愛情を積み重ねましょう。
勇気を出して初めてデートに誘ったにも関わらず断られてしまったら、ガッカリするかもしれません。

でも、不倫デートを簡単に受け入られる人の方が少ないもの!
1度断られたくらいで諦めてはいけません。

もう一度お誘いして、不倫デートを成功させましょう。

どうして断られたのか考えてみる

意中の相手をデートに誘って断られたら、「フラれてしまった」「片思いだった」とガッカリする気持ちになってしまうかも。
でも、既婚者が絡むデートの場合は、「不倫」と言われることを警戒して、少しでも不安なことがあるとお断りしたくなってしまいます。

相手を怖がらせるような誘い方をしませんでしたか?興味の無い場所に無理やり連れ出そうとしたのでは?体調が悪い時やイライラしてる時に話しかけてしまったかも?
誘い方で失敗しなかったか、まずは反省してみましょう。

3回断られるまでは諦めない

不倫デートをOKすることは、誰にとっても勇気がいることです。
いくら気になる相手からデートに誘ってもらえたとしても、相手との関係が不倫になってしまう場合は二の足を踏まずにいられません。

1度目のお誘いは、何がなんだか分からなくて、不倫と言われるのが怖くて断った。
2度目は、相手の自分に対する気持ちがどのくらい本気なのかを確かめたくて断った。

ようやく、素直に相手からのお誘いをOKするまでには、それくらい慎重になってしまうものなんです。

1度や2度、デートを断られても諦めないで!
3度目の正直に賭けるつもりで、自分の気持ちを真摯に伝え続けて下さいね。

好意をそれとなく相手に伝えておく

相手をデートに誘うまでに、絶対にしておかなければいけない下準備があります。

それは、「あなたのことが好きです」というピュアな気持ちを、それとなく伝えておくこと。
それまで、「好き」という気持ちが伝えて来てくれたことが全くない相手からいきなりデートに誘われても、「どうして自分を誘ったの?」「何が目的?」と不審がられてしまいます。

デートに誘った時に、「そういうことだったのか」「やっぱりね」と、答え合わせをして安心出来るよう、「好きだから、あなたとデートがしたい」という気持ちが伝わるようなアプローチをしておきましょう。

脈ありかどうか分からない相手は「お昼のデート」に誘う

確実に、「お互い相手に興味がある」と分かっていれば、夜のデートに自信をもって誘って良いのですが、もし、相手が自分のことをどう思っているのか分からない、デートに誘ってもOKしてもらえるかどうか分からない、という不安な気持ちで相手を誘う時は、夜ではなくて昼間のデートに誘いましょう。

夜のデートは何となく「恋人感」が強く出てしまい、2人きりで歩くのは緊張するし、誰かに見られると不倫と言われてしまうんじゃないか?と怖くなってしまいますが、昼間であれば「友達の延長」で過ごすことが出来るはずです。

「たまにはランチでも一緒にどうですか?」と気軽な雰囲気で声をかけましょう。

女性がデートをOKしやすいタイミング

既婚男性の方から女性をデートに誘う時にお勧めのタイミングときっかけは、「彼女にとってメリットのある誘い方をする」というのがコツです。
「前から行きたいって言ってたお店のタダ券あるよ」「君が好きなアーティストのコンサートチケットあるよ」など、女性が思わず「それは行きたい!」と思うようなデートを用意しましょう。

既婚男性が女性とデートに行きたくなるきっかけ

女性の方から既婚男性をデートに誘う時は、彼の「気持ち」に訴えかけるデートに誘うとOKしてもらえる確率がうんと高くなります。

例えば「仕事で悩んでいるんですが、相談に乗ってもらえませんか?」「人間関係で困っていることがあって、アドバイスを頂きたいのですが」など、「困っているから助けて欲しい」という気持ちを出すと、受け入れてもらえるはずです。

まずは「どこに行くか」を決める

気になる相手をデートに誘う時に失敗してしまうのは、「金曜日って時間ある?」「今度良かったら、一緒にどこかに行かない?」と、ぼんやりした誘い方をしてしまっているから。

デートに行くかどうかを判断するのは日時や都合ではなく、「誰と、どこに行くか」の要素なのです。
相手に対して嫌な感情が無く、行ってみたいと思っていた場所であれば、すんなりお誘いをOK出来るものなんです。

「映画のチケットがあるんだけど、一緒にどう?」「スイーツビュッフェに行こうよ」など、「行き先」を先に提示して誘いましょう。

次のページ 「◯◯◯」を複数提案して選ばせる