浮気中にしてない?不倫相手が冷めてしまう原因16つ

両思いだったはずの2人の、お付き合いが終わってしまう理由は3つ、「心変わり」「マンネリ」「冷めた」のどれかに違いありません。
心変わりは、恋人以上にもっと好きになれる異性に出会った時に起こる、言わば事故のようなものなので回避するのは基本的に無理です。

不倫恋愛の場合は、「不倫相手の事は好きだけれど、結婚は別の人としたいから、婚活をしよう」と自分から他に好きな相手を探すこともあるでしょう。
マンネリは、長く付き合っているカップル達にはいつか必ず訪れる壁なので、またトキメキを取り戻せるよう2人で努力をしなければいけません。

そして最後の「冷めた」というのは、お付き合いの仕方そのものに原因があります。
元々両思いだった2人なのに、どちらかの言動がきっかけでお付き合いを続けることが面倒くさくなったり嫌になったりしてしまいます。

折角両思いになれたのに、冷めちゃうなんて勿体ない!
不倫恋愛が冷めてしまう時、ありがちな原因を16項目ご紹介いたしますので、自分がついやってしまっていることがないかチェックしながら読み進めてみて下さいね。

無理に結婚を迫る

不倫恋愛中にどうしても気になってしまうのは、2人の将来に「結婚」の可能性があるのかどうかですよね。

特に独身者にとって「結婚」は人生を決める大きな問題なので、出来れば今お付き合いをしている、大好きな不倫相手と一緒になる未来があるのであれば、それが一番素敵だと思わずにいられません。

しかしだからと言って、「結婚して!」「早く奥さんと離婚してよ!」と迫り続けると、不倫相手に「しつこい、怖い」「面倒くさい」と思われ、恋心を冷めさせてしまうきっかけになります。

「愛していると言って!」と責める

不倫恋愛中は、恋人がどれくらい自分の事を愛してくれているのか、本当に大切に思ってくれているのか、自信を持つのが難しいものです。

特に既婚男性は、不倫相手との将来に確信を持てない後ろめたさや、家族への罪悪感から、「好き」とハッキリ言葉にするのを躊躇ってしまいがち。

そんな既婚男性の複雑な心境を理解しようとせず「なんで、好きって言ってくれないの!?」と彼を責めてしまっては、プレッシャーに感じた彼の恋が冷めてしまうのも当たり前です。

「私を愛しているなら○○して」と条件を付ける

言葉以外にも、態度や条件で彼の愛情を確かめようとする女性もいます。
「私のことが好きなら、誕生日は必ずデートをして」「私の事を愛しているなら、ペアアクセサリーを身に付けて欲しい」など。

恋人が自分の我儘を叶えてくれることで、「大切にされている」「存在を重要だと思ってくれている」という実感を得たいのかもしれませんが、男性からしてみれば、「自分の我儘を聞いてくれる、都合の良い男と付き合いたいのか」とイライラしてしまうんです。

彼に犠牲を払ってもらうことで、自分が満足しようとするのは止めましょう。

デート中にスマホを触ってばかりいる

これは男性に多い、悪い癖なのですが、デート中もついついスマホを手放せずにいる場合があります。

「いつ家族から着信が入るか分からないから」と、目の前に彼女がいるのに何度もスマホの画面をチェックしたり、デート中に会話が盛り上がらないからと、スマホアプリやゲームに逃げてしまいます。

「私といるのが、つまらないのかな」と女性に思わせ、プライドを傷つけ、女性の恋愛感情をスッと冷めさせてしまいます。

デート代をケチる

毎月お小遣いでやりくりをしている既婚男性は、不倫デートをするのに充分なお金があるわけではないかもしれません。

イベントが重なった時などは手持ちのお金が少なくなって、「節約デート」をしなければいけないことがあるでしょう。
理由がある時は仕方ないかもしれませんが、いつも不倫デートのお金をケチり、物足りないデートばかりをしていると女性は不満を貯めてしまいます。

期間限定になるかもしれない関係なのですから、一緒にいられる間くらいは楽しいデートをしたいと思うものなのです。

理由も無く既読無視をする

忙しい時や、後で返信しようと思った時についつい恋人からのLINEに返信するのを忘れることがあるでしょう。
あまりに既読無視が頻繁になってしまうと、「私に興味が無いのか」「放置して、寂しい思いをさせて平気なの?」と気持ちを冷めさせてしまいます。

相手を大切にし、誠意を持ってお付き合いをするのが不倫のルール!
LINEには出来るだけ早く返信するように心掛けて下さい。

堂々と婚活をする

既婚者とお付き合いを続けていても結婚に結びつく可能性は低いから、と、不倫恋愛と婚活を同時に行う場合があります。

不倫は束縛出来ない関係なので、将来の事を真剣に考え、不倫と婚活を両立させるのは悪いことではありません。
問題は、結婚活動をしていることを堂々と恋人に言ってはいけない、ということ!

大好きな恋人が、自分以外の人と恋愛をしようとしているのを知ってしまうと、気持ちが冷めてしまうのは当たり前です。

次のページ ◯◯の誤魔化し方が下手すぎる