交際が長続きする歳の差、不倫カップルの特徴

不倫恋愛が始まっても「生活習慣」を維持する

不倫相手の恋人の為に、わざわざ自分を変えようとしないというのは、単純ですが大切なルールです。

年齢差がある相手に流されてしまうと、自分にとって無理のある生活になってしまい、恋愛を長く続けることは出来ません。

お互い、無理をしない付き合い方を心掛ける方が、楽しい不倫関係を維持することに繋がります。

精神的に「余裕のある方」が相手を甘やかす

年の差不倫カップルをイメージする時、多くの人は「年下は、年上の恋人に思いっきり甘やかしてもらえるに違いない」と思うでしょう。
でも実は、「年上だから、年下を甘やかすべき」という考えは不公平なことでもあります。

年上の方が多くのストレスを抱えていたり、仕事で疲れていたり、体力に余裕が無いことがあるものです。
年齢で判断するのではなく、その時心に余裕がある方が、相手を甘やかすように心掛けましょう。

相手と自分の「気持ちのバランス」を大切にするのが、不倫恋愛を成功させるコツです。

小まめに連絡を取り合う

連絡が少なくなると、心の距離が開いてしまうのは不倫カップル達に共通の特徴です。

年の差不倫カップル達は、お互いのプライベートに干渉しないように心掛けている分、相手からの連絡が突然途切れてしまうことを特に怖がってしまいます。
挨拶だけでも良いので、出来るだけ毎日連絡を取り合うようにしましょう。

また、短い時間でも良いので、頻繁にデートを楽しむのも重要なことです。

体の触れ合いを大切にする

年齢差がある不倫カップルの中には、セックスを恥ずかしいと思っている場合があります。

自分よりも凄く若い相手に、老いた自分の姿を見せるのが恥ずかしいと感じたり、逆に自分より凄く年上の相手に、自分の性欲をぶつけるのに抵抗があったりするものです。
しかし、恋人と体を触れ合わせると、心も安心するのはどの年齢の人も同じ。
抱き合うことで相手の愛情や優しさを感じる機会を大切にしましょう。

恥ずかしがらずに、素直に相手に甘えることが出来るカップルでなければ、良い恋愛を長く続けることは出来ません。

「好きだから付き合う」原則を大事にする

「どれだけ歳の差があっても、考え方が違っても、どうしても不倫したいくらい相手のことが好き」だと思う、自分の感情をなにより大切にしなければいけません。
年齢差のある相手と付き合うことで得られるメリットを意識するのではなく、「好きな相手と両思いになれた」という幸運に感謝しましょう。

将来のことをきちんと話し合う

「将来、どのような形で不倫の決着をつけたいのか」が曖昧なままお付き合いを続けると、不安な気持ちになってしまいます。

年の差があるカップルの場合、「年下」の方が将来に対する大きな不安を抱えています。
将来のことをハッキリさせてくれない不安は、相手への不信感に繋がります。

いつかお別れするつもりなのか、本気で不倫成就を目指すのか、方向性だけでも決めておくことが、お互いが安心して不倫恋愛を続けていく為の条件です。

恋人に似合う自分になる為の努力を続ける

年の差不倫カップル達が自信を持って恋愛を続けていけるのは、不倫恋愛をしていることに幸せや、やりがいを感じるからです。

「年上の恋人を見習って、自分ももっと自立しよう、大人になろう」
「年下の恋人に似合うよう、もっと見た目に気を遣おう、お洒落になろう」

と、お互いに成長することを意識することで相手を尊敬出来るし、一緒にいることで良い効果を得ている、と不倫恋愛に自信を持っています。

おわりに

長続きする歳の差不倫カップル達は、他の不倫カップル達よりも「相手を尊敬する気持ち」が強いことが一番大きな特徴です。

恋人と歳の差があることにイライラしたり、納得出来ないと感じるのではなく、「歳の差があるから、相手の事を好きだと思える」と、歳の差カップルであることを誇りに思っています。

年の差があることを不利に感じたり、「同い年くらいでいれば良かったのに」と思っているうちは、歳の差不倫を成功させる事は出来ません。
恋人のことを認め、歳の差不倫を楽しむことで、ラブラブな不倫を続けましょう♪