同窓会や昔の同級生、片思い相手と不倫する方法

思い出話しはほどほどにし、現在の共通点を探す

学生の頃からの友人の再開して、恋愛感情を持った時、どうしても「盛り上がる話のネタ」として当時の思い出話をしたくなるでしょう。
最初のうちはそれでも良いのですが、本格的に相手と両想いになりたいと目指すとき、またより深い恋愛関係になりたいと思うのであれば、思い出はほどほどにしておきましょう。

友達時代の話を繰り返しているうちは、友達以上の関係になることは出来ません。

現在の2人、そして未来の2人の関係を作っていく為に、現在の共通点や問題点について話し合うように心掛けて下さい。

「好意」をさり気なく伝える

2人きりでいても気まずくならない、何度か2人で食事やデートにも行けるようになった、という段階になったら、いよいよあなたの「好意」をさり気なく、しかし分かりやすく伝えましょう。

「〇〇さんのこと、昔から凄く興味があったんだよね」「本当は夫よりも、〇〇さんみたいな人の方が好みなんだよね」と、話の中でサラッと伝えて下さい。
ポイントは、「告白未満」であること。

本格的な告白をしてしまうと、相手に「重い」と思われてしまいます。
「もしかして、俺に気があるのかな?」と意識させるようなセリフを言って、相手の「恋愛スイッチ」をオンにしましょう♪

2人だけの秘密や内緒話をする

友達から一歩関係を踏み込んで「恋人」になる為には、友達との間にはない「ドキドキ」や「ときめき」がなければいけません。

そんな時に必ず役に立つのは、秘密と内緒話です。
「これは誰にも絶対に言わないでね」「2人だけの秘密にしてね」と言うことで、仲間意識と緊張感が生まれます。

特に女性は、男性から「君だけに教えるんだよ」と言われると、必ず相手にドキッとします。
是非試してみて下さいね。

告白より先に「既成事実」を作るのもアリ!

恋愛に興味がないわけではなさそうだし、不倫に強い抵抗があるわけでもなさそうなのに、何故か自分と「恋人関係」になってくれない…という相手には、思い切って告白より先にセックスで迫ってみましょう!

身体の関係になれば、嫌でも「自分の特別な相手」として意識せずにいられなくなります。
セックスの相性が良ければ、意識が変わったことがきっかけになってそのまま恋人になれるでしょう。

気をつけなければいけないのは、「セフレ」にならないこと!
2度目のセックスをする前に、必ず「私のこと、好き?」と聞いて相手の気持ちを確認しましょう。

「引いて、追わせる」作戦

恋愛は基本的に、好きになった方が「押す」のが定石です。
自分の好意を素直に伝え、相手に自分のことを「恋愛対象」として意識してもらい、「付き合うことで、どんなメリットがあるのか」を納得させることが不倫恋愛をスタートさせるきっかけになります。

その上で、自分が思う以上に相手から愛してもらうためには、「押した後に引いて、相手から追わせる」テクニックが必要になります。
例えば、LINEを送るのを突然パタリと止めてみるなど、相手に「何かあったのかな?」「もう、自分のことを追いかけるのを止めたのかな?」と不安にさせてみる作戦です。

上手くすれば相手を自分に依存させ、熱烈な愛情を手に入れることが出来るでしょう!
ただ、やり過ぎると「弄ばれている」「本気が見えない」と嫌われてしまうので、タイミングには充分に気を付けましょう。

告白は真剣に!断りづらい告白の方法

かつての友人に、大人になってから今更告白をすることを「なんだか恥ずかしい」「フラれたらカッコ悪い、誰かに言いふらされるかも」と消極的になってはいけません。

大人になってからの告白は、それが切実で、真剣であるほど相手の胸を打ちます。
軽い態度で「試しに私と不倫してみない?」なんて冗談交じりに誤魔化すのではなく、自分がどれだけ愛しているのか、不倫をする覚悟がどれほど強いのかを、真剣な言葉で訴えましょう。

沢山の勇気と本気の愛情をもって告白してくれた相手に、いい加減な態度をとれる人なんていません。
あなたが真剣であればあるほど、相手も真摯に気持ちを返してくれるはずです。

おわりに

昔、恋が叶わなかった片思い相手と、大人になってから再開し、禁断の不倫恋愛をスタートさせるなんて、ドラマチックで憧れてしまいますよね!
かつての友達への片思いを成就させるコツは、引っ込み思案にならないこと!

控えめな態度のままでは、「友達関係」を抜け出すことは出来ません。

好意を素直に伝え、ドキドキする時間を一緒に過ごして、早く相手の「恋愛対象」に入りましょう。
あなたの恋が叶うことを、応援しています。