不倫相手を愛してる!既婚男性が本気の浮気になった時の言葉と行動

不倫相手の既婚男性から「君の事を一番愛してる」「妻よりも君の方が魅力的だ」といくら言葉で言われても、信用するのは難しいものです。

「君のことが好き」と言いながらもデートが終われば妻が待つ家に帰るし、離婚話も進んでいるのかいないのか分かりません。
男性の本音を知るには、彼の言葉と行動をもっとよく観察しなければいけません。

男性が、「不倫相手に本気になった」時、言葉と行動はどのように変化するのでしょうか。
「本気の不倫」を始めた男性の特徴をお教えいたします。

転職する覚悟を決める

家族と別れ、不倫相手と本気で結婚しようと決めた男性がまず一番に考えるのは、「仕事を変える」ことです。
職場は、男性にとって第2の家で、大切にしたいものです。

しかし、自分の不倫が原因で離婚し、すぐに再婚したという噂が職場内で広まってしまうと、仕事を続けづらくなるかもしれません。
本気で生活を新しくするなら、仕事を変えることも考えなければいけません。

心機一転、恋人と共に新しい生活を始める覚悟を決め、転職を決意します。

へそくり貯金を始める

離婚を成立させ、恋人と新生活を始める為には、まとまったお金が必要です。

離婚話をしている最中にもし不倫をしていることがバレてしまったら、慰謝料の支払いを要求されるかもしれないので、お金はあればあるほど良いものです。
不倫デートの時にお金を使うのを控えるようになり、「ちょっと、貯金を作りたくて」と彼が言うようであれば、それはあなたとの未来を真剣に考え始めたからに違いないでしょう。

家族の為の貯金であれば妻と相談してするはずだし、恋人に報告はしません。

家族からの着信を無視する

不倫デート中に家族からLINEや電話の着信が入ったりすることがあります。
無視をすると家族に怪しまれるので、不倫相手に一言断りを入れてから着信にはちゃんと応答するのが、不倫をする既婚男性のマナーです。

しかし、不倫相手の事を本気で愛し始めた男性は、家族からの着信を「うるさい」「面倒くさい」と思うようになり、不倫デートを邪魔されたことに腹を立てて、無視するようになります。

恋人のどんなところが好きなのか、具体的に言ってくれる

「好きだよ」「愛してるよ」と既婚男性に言われても、いまいち信じられないのは当たりまえ。
何故なら、「好き」という言葉を言うだけなら、誰にでも出来るからです。

男性が特別な気持ちを込めて「好き」と言う時の特徴は、「どんなところが好きなのか」について必ず言及があります。

「いつもニコニコ笑ってくれるところが好き」「一緒に居るだけで癒されるから、好き」等のように、「好き」の理由について教えてくれる彼は、心から言っているに違いありません。

ちょっとした変化に気付いて褒める

男性は、基本的に他人の変化に鈍感です。

女性がちょっと前髪を切ったとか、ネイルの色を変えたなんて変化には、まず気付くことが出来ません。
男性が女性のちょっとした変化に気付いてくれるのは、本気の愛情と興味を持って彼女に接している時だけです。

「女性の変化を見逃さず、それをきっかけに会話を盛り上げたい」「彼女を褒めて、良い気分にさせたい」と思っているから、必死に彼女を見つめ、変化のポイントを探します。

「愛してる」「好きだよ」と自然に言葉が出る

例えば、「私のこと、好き?」「愛してるよって、言って!」と女性がオネダリをすれば、ほぼ全ての男性はその願いを叶えてくれるでしょう。

しかし「言わせた言葉」では、心から信じることが出来ないのは当たり前です。
見つめ合っている時にふと「好きだよ」と呟いたり、手を繋いだ瞬間に「愛してる」と、好意を伝える言葉が口から漏れるように自然に発せられた時、その恋心は本物です。

ボディタッチが増える

女性が男性に触れる時は、「相手に自分の事を意識してもらいたい」「大好きな人に触りたい、近付きたい」という気持ちがありますが、男性が女性に触れる時は「接触することで、相手をドキドキさせたい、トキメキを与えたい」というハッキリとした目的があります。

強い気持ちで愛している、相手ともっと関係を深めたい!という感情がある時に、相手に触れることでそれを伝えようとします。
男性は、本当に好きな人には触れずにいられないし、沢山セックスをしたいと思っています。

短い時間でも会いたがる

1時間ほどしか会えなくても「それでもいいから、会おうよ」「コーヒー一杯だけでもいいから、一緒にいて」と言ってくれる男性は、恋人の事を本気で愛しています。

男性は、好きな人の為に使うのであれば、時間もお金も惜しむことはありません。
女性のことを本気で愛していれば、自分の情熱の全てをかけて彼女を大切にしよう、少しの時間でも彼女の顔を見ていたい、と思うのは当たり前のことです。

家族との用事よりも恋人とのデートを優先しようとする

既婚男性は、不倫の恋人の事をどんなに大切に思っていても、家族の事を最優先にしなければいけません。
不倫恋人の存在が家族との過ごし方に影響を与えてしまっては、いつか家族に「最近、態度がおかしい」と勘付かれ、不倫がバレるきっかけになってしまいます。

しかし、男性は自分の「本能」には逆らえません。
不倫恋人の事が本当に愛しい、自分にとってかけがえのない存在だと思えばこそ、つい家族との約束を後回しにしても、恋人とのデートやオネダリを優先してしまうことがあります。

次のページ 恋した男性は恋人の◯◯に合わせる!