もうすぐ不倫成就!?離婚成立が近い時の前兆15つ

「妻とは離婚する」と何度も言われ、ずっと待たされ続けていると、「一体いつになったら離婚が成立するの?」「本当に、離婚話を進めてくれているの?」と不安になりますよね。

彼が本当に離婚を進めてくれているのかどうか、どうすれば分かるのでしょうか?
離婚する夫婦には、どんな特徴や前兆が現れるのでしょうか。

あなたの彼と、夫婦の関係を良く観察して、離婚の前兆が現れていないかどうかをチェックしてみて下さいね。

引っ込み思案だった彼が社交的になった

それまであまり「人付き合いが良い」とは言えず、引っ込み思案で控えめだった彼が突然社交的になったら、それは「近々生活が変化する」ことの表れかもしれません。
それまで家庭に縛られ、妻に束縛されていた夫が解放され、より自分らしく振る舞えるようになったので、人付き合いを「楽しい!」と感じるようになったのでしょう。

離婚が決まれば「早く、家族が待つ家に帰らなければいけない」という意識も無くなるので、飲み会への出席率やイベントへの参加率も上がります。

サプライズプレゼントをくれる

不倫交際中はどうしても「プレゼント交換」を躊躇ってしまいます。
恋人への贈り物は「不倫の証拠」になるし、相手を自分に依存させてしまう原因になってしまいかねないからです。

それまでオネダリをしてもなかなかプレゼントをくれなかったのに、「付き合い始め記念日だから」「君の誕生日プレゼントを前倒しで」等と言ってサプライズでプレゼントをくれるのは、離婚が近づいたことで「不倫恋愛」に関して自由になり、恋人に尽したいという意識が高まっている証拠です。

仕事を張り切っている

男性が仕事を張り切るのは、「お金を稼ぎたい」「今以上に自立したい」と思い始めた時です。
残業や出張を進んでこなすようになるのも、家族に「もっと早く帰って来て」「仕事ばかりにかまけていないで」と責められることが無くなったから。

離婚で必要になる慰謝料や、新生活の準備の為にまとまったお金が必要になるので、その為に必死で仕事と向き合っているのかもしれません。

終電を気にしなくなった

家族を大切にしている男性や、妻に束縛されている男性は、「終電で帰る」ことに使命感があります。
帰りが遅くなって家族に文句を言われることがストレスだからです。

しかし、妻と別れることが決まれば、終電を越えて愚痴を言われることもありません!
仕事でも、飲み会でも、終電を気にすることなく、自分がやりたいように思いっきり過ごすことが出来るようになります。

「将来の話」をするようになる

不倫中の男性がどうしても避けたがるのは、不倫相手との「将来」についての話です。
「いつ離婚する?」「本当に私と結婚する気があるの?」「子供は欲しいの?」等々、不倫相手との将来を考えていない場合、これらの質問をされることはプレッシャーです。

不倫中の男性が恋人と将来の話をする時は、将来についてポジティブな意見を持つようになった時だけです。
彼が恋人と未来の話をするのは、今の夫婦関係を終わらせ、恋人との新しい未来を作りたいと本気で思っているということでしょう。

不動産屋の前で止まる、家具をチェックする

離婚が成立しそうとか、離婚についての話し合いが具体的に始まったとしても、本当に離婚が成立するまでは「恋人に詮索されたくない」「急かされたくない」と思い、離婚の話し合いの進捗について語ってくれません。

「新居」や「新生活」についてのイメージを膨らませている男性がついやってしまうのが、不動産屋のウインドウで立ち止まったり、新しい家具をチェックすること。
彼にこのような行動が見られた時は、離婚間近だと思って良さそうです!

妻がしょっちゅう「実家」に帰っている

離婚話が具体的になってきた夫婦に現れる特徴は、夫婦がお互いへの依存を止めること。

夫を頼ることを止めた妻が次に関係を強くするのは、自分の実家です。
妻が夫を置いてしょっちゅう自分の実家に帰るのは、それほど夫婦の関係が遠ざかっている証拠です。

次のページ 妻が◯◯を始めた