忘れられない不倫恋愛の対処法と次の恋への進み方

大好きな人と折角両思いになってお付き合いが始まっても、不倫の恋を最後まで貫き、成就できるカップルはとても稀です。
ほとんどのカップルは、いずれお別れを迎えてしまいます。

不倫を終え、新しいを恋を始めなければいけないと思っても、過去の思い出に引きずられてどうしても前を向けない…。
そんな風に悩んでいるあなたへ、忘れられない不倫恋愛の対処法と、新しい恋を進める方法をお教えいたします。

どうして不倫はこんなに心に残るのか

何度か恋愛を経験した人は、不倫恋愛を「特別なものだ」と感じるはずです。
すでに終わりを迎えた既婚者との恋なんて、早く忘れた方が良いに決まっているのに、なかなか忘れられない。

恋人と過ごした楽しい日々や恋人に聞かされた愛の言葉を何度も思い出しては、胸が締め付けられるような苦しい思いがしてしまう。

不倫の恋が、他の恋愛よりも忘れがたいのは、他にない「スリル」があるからです。
平凡で穏やかな出来事よりも、ドキドキしたりハラハラした出来事の方が強く印象に残るもの。

不倫恋愛を忘れるのが難しいのは、誰にとっても当たり前なのです。

「早く忘れよう」としなくていい、ゆっくり、確実に想いを封印する

次の恋をするなら早い方がいい、元恋人の事を考えても辛いだけだから、一刻も早く忘れなければいけない!と、「忘れよう、忘れなきゃ」と焦るのは逆効果です。

「考えてはダメ」と思う程、元恋人との出来事を思い出してしまうし、「でも、まだ好きなのに」という未練の気持ちが強くなります。

どんなに強烈な愛情でも、時間がいつか必ず忘れさせてくれますので、自分に厳しくし過ぎないようにしましょう。

「嫌いなところ探し」は逆に執着が強くなるだけ

元恋人の事をなかなか忘れられない時、逆に「忘れられないのなら、いっそ嫌いになってみよう」と挑戦する気持ちになるかもしれません。

しかし、不倫恋愛中の辛かった出来事や、元恋人の嫌いな部分を沢山考えようとするのは、それくらい何度も強く恋人との恋愛を思い出すということです。
不倫恋愛で悲しいと思った出来事以上に、幸せな事や嬉しかった事を思い出してしまい、いつまで経っても恋人への愛情を無くすことは出来ません。

恋人との思い出の品は目に付かないところに仕舞って

元恋人との関係を忘れようとする人は、思い出の品や恋人の写真を捨てなければいけないと思うでしょう。

でも、捨てなきゃいけない!手放すべきだ!と思う程、「やっぱり捨てられない」「まだ、好きなんだもん」と、未練と執着を強く意識してしまいます。
「いつか、捨てられる日が来たら、捨てよう」というくらいの軽い気持ちで、とりあえず目に付かない場所や、簡単には取り出せない場所に仕舞っておけばよいでしょう。

別れることになった原因についてじっくり考える

お付き合い中の楽しかった思い出に依存すると、いつまでも恋しく思ってしまい、元恋人のことを忘れることは出来ません。
不倫中の思い出について考えるのは止め、別れることになった原因を追究してみましょう。

別れなければいけない事実をしっかり受け止めることで、「仕方なかった」と諦める気持ちになれます。

また、元不倫相手の事を忘れると決めたのであれば、復縁はキッパリ諦めて、次の恋に進む覚悟を決めましょう。

元恋人と「友達」になりつつ、恋を整理する方法

元恋人とお別れすると決めた後、「友達」に戻るべきかどうかは悩みますよね。
この時、相手への依存が強い場合や、自分から恋人を振った場合は、友達に戻ってはいけません。

しかし、不倫恋愛を続けた期間が短くて、恋人への執着はそれ程強くなく、趣味友達や職場の仲間としてこれからも付き合っていきたい、という理由があるのであれば友達になるのも良いでしょう。

「友達」として接する期間を作ることで、少しずつ「恋愛感情」を「友情」に切り替えていくことが出来るはずです。
2人きりで会わない、プライベートメールやLINEを送らない、というルールを作り、しっかり守りましょう。

恋愛の他に「やらなければいけないこと」を作る

終わった恋の事を何度も思い出して辛い気持ちになってしまうのは、「過去の恋を思い出す時間と心の余裕」があるからです。
不倫恋愛を思い出す暇がないくらい忙しくすれば、あっという間に日々が過ぎて、心の中はいつの間にか落ち着いているでしょう。

仕事や自分磨きに夢中になるのも良いですし、フィットネスやヨガに通って、体を疲れさせるのも効果的です。
心と身体のストレスを解消すれば、終わった恋のことについて気持ちを落ち着けて考えられるようになります。

夜に考え事をするのを止める、早寝早起きの習慣をつける

忘れられない不倫恋愛について思い出すのは、何時頃でしょうか?
仕事が終わって家に帰り、食事のあと1人でゆっくりしている時や、寝る前に静かな部屋で布団にくるまっている時ではないでしょうか。

夜の考え事は、必ずネガティブに向かってしまいます。
いくら考えても心が明るくなることはなく、切なさや愛しさが募るだけに違いありません。

夜中に起きていると考え事をしてしまうのであれば、さっさと寝てしまうのが一番の解決法です。
朝日をしっかり浴びて、毎日心をリセットする習慣をつけましょう。

相手の連絡先はキッパリ削除する

思い出の品物や、2ショットで撮った写メ以上に消すのを躊躇してしまうのは、相手の連絡先です。
メッセージを送ることがなくても、連絡先だけはなんとなく保存しておきたいいうのが正直な気持ちでしょう。

しかし、スマホに相手の連絡先が入っていると、心が弱って誰かを頼りたい気分になった時に、必ず連絡したくなってしまいます。
番号を消さずにおく「お守り」のつもりでも、実は「重り」になっていて、いつまでも不倫相手の事を忘れられない原因になってしまうんです。

不倫相手の事を忘れたいのであれば、相手からの連絡を着信拒否し、自分も連絡先を削除しましょう。

次のページ 次の恋の探し方とは?