脈ありの既婚男性から、突然連絡が来なくなった理由と気をひくコツ

「定期的に連絡を取り合い、都合が合えばデートにも誘ってくれるし、お互いに好きあっているという気持ちは勘違いじゃないはず!」「近いうちにきっと男女の仲になるに違いない…」と思っていた既婚男性から、突然連絡が来なくなってしまった!

そんな時、「もしかして、何か彼を怒らせてしまうようなことを言った?」「両思いだと思っていたのは私だけだったの?」などと考え、不安になってしまうでしょう。
彼から突然連絡が来なくなったのには、必ず何か理由があります。

既婚男性から突然連絡が来なくなるのにありがちな理由と、対処法をお教えいたします。

連絡無視はピンチ!すぐに行動を起こして!

「メールやLINEを送っても返事が来ないけれど、待っていればいつか必ず彼の方から連絡をくれるはず」
「しつこく接触を狙った方が嫌われる」

というのは、実は大間違い!

もうすぐ恋人になれそう!と思っていた男性が突然女性のことを「切る」には、それなりの理由があり、その原因が解消されない限りは、彼がもう一度連絡をくれることはありません。

もともと、なくて当たり前の関係なのですから、連絡を取り合えないまま、自然消滅してしまうんです。
何故彼が返事をくれなくなったのか、その原因を出来る限り早く追及するために行動を起こしましょう!

もしかして、不倫?と誰かに怪しまれた

女慣れしておらず、「不倫」に対して罪悪感を抱いてしまいやすい、気弱な男性に多いのは、「彼女と頻繁にやり取りをしすぎかも」「身近な人間が、自分と彼女の関係を不倫では?と疑っている」と不安になってしまうことです。

敏感になり過ぎている男性は、他の人から「最近、彼女と仲良いじゃん」「お前、まさか浮気なんかしていないよな?」と軽く質問されただけで、不倫の罪に問われていると感じて恐ろしくなってしまうんです。

これは特に、同じ職場で働いている、いわゆる「社内不倫未満」の男女が、同僚たちから疑われると感じて不安になってしまう心理で、不倫の恋を続けて行くことに自信を無くしてしまいます。

「誰に」怪しまれているのかが重要!必ず彼と連絡を取って

相手が冗談のつもりであっても、「もしかして不倫?」なんて聞かれたことで不安になってしまう、というのは既婚男性として当然の感覚です。
周囲に咎められた(ように感じた)ことで我に返り、女性と連絡を取り合うのをもう止めよう、と思うというわけです。

しかしこの場合、疑われているのは彼だけではなく、あなたも同じ立場にあります。
「誰が私たちのことを怪しんでいるの?私も気を付けたいから、相手を教えて」と必ず聞いてみましょう。

こうすることで、「不倫を疑っている第三者と彼」の繋がりよりも、「彼とあなた」の結束の方が強くなります。

2人の関係を怪しんでいる第三者の前では話さない、目を合わさないなど、2人でルールを決めて疑いを晴らすことが出来れば、強い絆が生まれ、恋人同士になれるでしょう♪

女性と連絡を取り合っていることが家族にバレた

既婚男性が一番恐れるのは、家族に不倫関係がバレることです。
妻や家族にスマホをチェックされ、連絡を取り合えっていることがバレてしまうと非常にまずいことになります。

妻の目を盗んでこっそりデートを続けたとしても、妻が夫の不倫を疑い続けている限りは、いずれ必ず不倫の証拠を掴まれてしまいます。

彼と彼の家族を安心させるために、しばらく音信不通を貫く

不倫恋愛をしたい男女にとって、最も警戒しなければいけない相手は、「家族」です。

幸い、両想いになる手前の関係であれば、まだ「不倫」ではありません。
家族が「ただの勘違いだった」と思うようになるまで、数か月は完全に音信不通を貫きましょう。

相手の家族が忘れた頃に、再びやりとりやデートを再開させれば、今度こそ両想いを叶えることが出来るはずですよ♪

「恋の駆け引き」に飽きた

女性にとって恋の駆け引きやテクニックを駆使して男性を翻弄することは恋の楽しみではありますが、既婚男性にとって長すぎる「プロセス」は時に面倒くさいものになります。

特に既婚男性は、本音では恋の駆け引きを「手間がかかる、面倒くさいもの」だと思っています。

最初のうちは独身気分であなたとの恋のやり取りを楽しんでいたけれど、今ではそれが厄介で、自分には必要のないものだと感じているのかもしれません。

彼はもっと簡単で分かりやすい恋をお望み!あなたから告白を

彼が「追う恋」に飽きていると感じたら、すぐに彼を「追われる」立場になるよう切り替えましょう。

思わせぶりな態度で彼を悩ませるのではなく、きっちり告白して「恋人になりたい」と告げて下さい。
恋愛のステップが進んだことで、彼は恋のモチベーションを取り戻すことが出来ます。

思い切ってホテルに彼を誘えば、一足飛びに2人の関係が進展すること間違いなしです♪

仕事や趣味が忙しくなった

男性が恋愛を楽しめるのは、金銭的、精神的、時間的に余裕がある時期だけです。

とにかく仕事が忙しくて体力的に余裕がない時や、趣味にお金がかかり過ぎていてデート代をねん出できない時期などは、恋人未満の女性の相手をする暇はない、と思ってしまいます。

この時、「仕事と私とどっちが大事なの?」とか「趣味なんかで遊んでいる暇があるんだったら、私の事をかまってよ!」なんて我儘を言ってしまうのは最低です。
彼を幻滅させ、2人の関係は終わってしまうでしょう。

忙しい男性を邪魔するのはNG!彼の仕事と趣味への理解を示して

既婚男性と恋愛をしたい女性が心掛けなければいけないのは、「決して彼の仕事やプライベートの邪魔はしない」ということです。

現実的に、既婚男性にとって優先順位が最も高いのは仕事や家族、自分の趣味などの時間であり、「恋愛」の順位はその下です。

彼の仕事や趣味を決して邪魔せず、むしろ「何か私にお手伝いできることはありませんか?」「あなたの趣味に、私も付き合わせてくれないかな?」と「一緒に楽しむ」姿勢を見せる方が、長く付き合える相性の良い相手だと思ってもらうことが出来ます。

次のページ やっぱり◯◯が多すぎると疲れる??