彼氏のことを好きすぎる!嫉妬深く依存体質な不倫女性のNG行動◯つ

「好きになってはいけない」と、気持ちにセーブをかけようとすればするほど、相手を愛しく思い、求める気持ちが深まります。

好きになってはいけない相手を好きになってしまうのは、「カリギュラ効果」という、「人間は禁止されるほどやりたくなる」という心理現象が原因のひとつだと言われています。
「彼に会えない」と思うと、「なんとかして会おう」としてしまうし、「彼と結婚は出来ない」と思うと、「なんとかして離婚させよう」と思ってしまいますよね。

しかし、自分の要望を押し付けすぎると、相手を追い詰める結果になってしまうので注意しなければいけません。
不倫恋愛を上手く続けていく為には、お互いが「居心地が良い」と思える距離感をキープすることが大切です。

不倫相手男性への思いが強すぎる女性が、ついやってしまいがちなNG行動についてご紹介いたします。

離れている間が寂しいと言って病む

不倫恋愛中の女性や最もやってはいけないのは、「病む」ことです。
愛しい不倫相手に会えなくてストレスが溜まり、モヤモヤした気持ちのやり場がなくて、内に秘める感情がどんどん深く暗く淀み、過激な行動をとる様になってしまいます。

「あなたに会えなくて、寂しくて毎晩泣いてるの」「気持ちが落ち込んで、仕事に行けない」など言って彼の同情を引いたり、困らせることで構ってもらおうとしたことはありませんか?

ネガティブなアピールは彼を困らせ、不倫恋愛を破壊する原因になってしまうのでやめなければいけません。

相手と自分の「愛情の大きさ」を比べる

恋人のことを愛し過ぎる女性は、「自分と同じか、それ以上に大きな気持ちで愛して欲しい」と相手に望むようになります。
「いつも私の方からばかりメールを送る」「頼まなきゃ、好きと言ってくれない」と、彼の行動の中にいちいち「愛されている証拠」を探して、それを自分の愛情の大きさと比べようとします。

愛情の大きさを比べずにいられないのは、彼から受け取る愛情に満足出来てないと思う気持ちが原因です。

彼の言動を責めるのではなく、自分がもっと彼に愛される為の前向きな努力をしましょう。

SNSを監視し、ネットストーカーになる

彼だけではなく、彼の家族や友達のSNSまで監視せずにいられない女性が居ます。
気になることがあるのに、直接彼に質問することが出来ず、SNSの投稿を隅々までチェックすることで彼の情報を得ようとします。

ネットストーカーをやっていることを彼に知られたら嫌われると分かっているのに、SNSを覗かずにいられないのは、相手に対して素直になれていないから。

彼の事をもっと知りたいという気持ちをきちんと伝え、後ろめたいことをせずにすむように心掛けましょう。

妊娠すれば彼が手に入ると思い込む

既婚男性を好きになってお付き合いが始まったけれどなかなかその先の展開に進めない、という女性は、子供が出来れば、彼が家族と別れて自分の元に来てくれるに違いないと思い込みます。

恋人との関係をより深めようと努力するのは必要なことですが、それを「子供」の存在に頼ってはいけません。

彼のことを手に入れる為に必要なのは子供ではなく、愛される為にもっと冷静に行動することと、彼と新しい生活を始める為の準備を少しずつ進めていくことです。

「慰謝料を払えばいいだけなら、離婚なんて簡単」と感じる

妻との離婚をなかなか決意出来ない恋人の様子を見ていると、ストレスが溜まります。
「こんなに愛しているのに、どうして彼は私と一緒になってくれないの?」「彼の家族さえいなければ、きっと私たちは結ばれる運命なのに…」と思わずにいられません。

お互い深く愛し合えているはずなのに結婚出来ない、ということを納得出来ないのです。
そして、「いくらかの慰謝料さえ払えば離婚出来るなら、簡単なはずなのに」と、離婚を決意してくれない彼のことをふがいないと思うようになります。

離婚の為に必要なのは慰謝料ではなく、夫婦同士のしっかりした話し合いと、未来への希望と計画なのだということを理解しましょう。

彼の家族に不倫をバラせば、離婚するに違いないと考えたことがある

彼と絶対に離れたくない!と思うほど強い愛情を持っている女性のほとんどは、いずれ必ず彼と結婚したい、と思っています。

いくら待っても彼が離婚を決意してくれない時、つい考えてしまうのは「もし、不倫相手である私の存在を彼の家族に知らせたら、どうなるかな?」ということでしょう。
夫が不倫をしていることを知った妻はきっと猛烈に怒って、すぐにでも離婚することに違いない!そうなれば、次に彼と結ばれるのは私だ!と思うかも。

しかし、不倫関係が家族にバレても必ず離婚するとは限りません。
それどころか、不倫相手であるあなたが罪に問われ、二度と彼に会えないようにされてしまうかも。

不倫を「匂わせる」振る舞いをする

既婚者の彼のことを好き過ぎる女性は、その気持ちをずっと黙っておくことが困難です。
自分の悩みや苦しみ、または、恋人と一緒に過ごせて幸せだと感じる胸の高鳴りや、不倫恋愛だからこそのスリルを誰かに伝えたい、語って聞かせたいと思わずにいられません。

そこで、つい友達に秘密の恋を匂わせる発言をしたり、SNSに彼とのデート中の写真を投稿して反応を求めたりしてしまいます。

「匂わせる」程度であれば不倫恋愛がバレることはないと油断するのでしょうが、関係者に見られれば、すぐにバレてしまいます。

次のページ やっぱり良くない?◯◯◯◯を欲しがる