彼氏のことを好きすぎる!嫉妬深く依存体質な不倫女性のNG行動◯つ

ペアものを欲しがる

不倫相手への愛情が強い程、その愛情の証明に値する、確かな証拠が欲しくなります。
例えば指輪や、ペアのネックレス、お揃いのマグカップなどが側にあれば、自分と彼は愛し合っているという自信が持てるようになるかもしれません。

しかし、不倫カップル達にとってペアアイテムは、不倫恋愛を誰かに勘付かれるきっかけになってしまいます。

なんでも相手に「共感」を求める

恋人の事を思う気持ちが強くなり過ぎた女性は、相手と自分の「一体感」がより強まることを求めます。

相手と自分の同一性が強くなるほど、強い絆で結ばれていると信じることが出来るからです。
自分が好きな物を彼にも好きになってもらいたい、自分が楽しいと思う物を彼と共有して一緒に楽しみたいのです。

どんなに愛し合っているカップルであっても、暮らしている環境が違うのですし、立場も異なるのですから、本当の意味で深く共感し合うことは困難です。

不倫恋愛を良い関係のまま続けていく為には、共感ではなく、それぞれが自立し、お互いの事を認め合う姿勢でいる必要があります。

幸せそうなカップルや夫婦を妬む

既婚男性に夢中になり過ぎる女性は、自分が彼と結ばれないことをストレスに感じ、心底悔しいと思っているものです。
自分の望みがなかなか成就しないイライラを、つい幸せそうなカップル達にぶつけてしまいます。

しかし、幸せそうなカップルを恨んでばかりいる女性の表情は決して美しいものではないし、負のオーラをまとった女性の姿を見て、男性はガッカリせずにいられません。

幸せ夫婦を見るのが辛い気持ちがする時は、ひたすら「無視」をするように心掛けましょう。

彼の家族について調べる、関わろうとする

彼の奥さんはどんな人?休日は家族でどんな風に過ごしているの?
プライベートについて知ることで、もっと彼に愛されるヒントが見つかるかもしれないと思うでしょう。

彼が今一番大切にしている「家族」というものがどんな姿をしているのか知らずにはいられません。
ですが、不倫カップル達が本当の意味で結ばれる時は、元家族との関係の延長ではなく、「新しい家庭」を作る時です。

重要なのは今の家族について知ることではなく、2人の具体的な未来を計画して、進んでいくことです。

仕事に集中しない

人を愛することにばかり必死になると、その他のことがおろそかになってしまいがち。
恋人との幸せな思い出に浸ったり、または恋人とケンカをしてイライラして落ち着かない気分の時は、仕事なんてしている場合じゃないと感じることもあります。

どんなに恋人のことで胸がいっぱいでも、仕事はしっかりこなさなければいけません。

自立することで、より大人としての恋愛を楽しむ覚悟を持てるようになり、彼と新しい家庭を作る為の土台になります。

自立しようとしない

不倫恋愛を成就させたい!と本気で思っている女性の中には、誰かに「依存」する癖がついている場合があります。

自分で生きていく力や覚悟がないから、誰かを頼りたいと思うようになります。
不倫相手の恋人は、束縛し合いたい気持がありながらそれが出来ないジレンマがあり、お互いを求める気持ちが強くなりやすい関係です。

「向こうが離婚さえしてくれれば、私は幸せになれるのに」と、恋人を頼り過ぎてしまい、自分の力で幸せを掴み取る為の努力をサボってしまいます。
また、恋人だけではなく、親に依存しているパターンもあるでしょう。

自宅と、恋人の元と、依存できる相手が2つ以上あることで、いつまでも自立出来ません。

デートの別れ際に泣く

カップル達にとって、デートは最も大切な触れ合いです。
許されない関係の2人ですが、デートをしてい不倫る時だけは2人きりの世界!

イライラやストレスを忘れて、思いっきりラブラブでいられる幸せな時間です。
その時間が終わる時、つまりデートの別れ際、さよならをするのが嫌で、寂しくて、泣いてしまうかも。

でも実は、デートの別れ際に泣かれるのは、男性を困らせてしまう行為です。

おわりに

男性を困らせてしまう女性のNG行動の特徴は、「自分でも我を忘れてしまっている」ことです。

後で冷静になって考えた時に、「勢いに任せて行動してしまった」と後悔してしまいます。
恋人を嫌な気持ちにさせるだけではなく、自分への自信も失ってしまう結果にならないよう、充分に注意しましょう。

自分で「感情的になりかけている」と自覚した時は、「ちょっと待ってね」「また、後でね」と勇気を出して言って、恋人と一旦距離を置く癖をつけましょう。
一生懸命冷静になろうとしているあなたの努力と健気さを感じ、恋人はより深くあなたを愛してくれるに違いありません♪

お互いの気持ちを尊重しながら、幸せなお付き合いを続けて下さいね。