好きになって幸せ!不倫相手に感謝する15パターン

不倫恋愛というと、「報われなくて辛い恋」「既婚者は結局自分の家族が一番大切なのだから、2番目扱いされて悔しい思いをする」という、ネガティブなイメージを持っている人が多いでしょう。

しかし、リスクを承知でそれでも愛し合い、お付き合いを続けている2人なのですから、他の人は分からないような、特別な満足感を感じています。

不倫をしているカップル達は、不倫中にどんな嬉しいことや楽しいことを経験出来るのでしょうか?
「私と付き合ってくれてありがとう!」と、恋人に感謝していることをご紹介致します。

スリルのある恋でワクワクさせてくれた

恋人と結ばれず、期間限定で不倫恋愛が終わってしまったとしても、「好きになって良かった!」と感じ、また不倫恋愛を繰り返してしまうのは、それくらい不倫恋愛が楽しいからです。

恋人からの着信にドキッとしたり、誰にも見られないように秘密のデートを繰り返したりなど、スリルを感じながらお付き合いを続けるのは、「2人は特別な関係である」という実感になります。

たった1回のデートでも、集中し、「この時間を少しでも長く、より深く楽しみたい」と思うので、真心で相手と向き合うことが出来ます。

不倫相手とのセックスで、初めてイけた

女性の中には、「セックスでイッたことがない」という人が実は少なくありません。
もっと深く感じたい、気持ちよくなりたいと思っても、なかなかエクスタシーに達することが出来ず、恋人との相性が悪いのかな?と不安になってしまいます。

不倫セックスは、普通の恋人たちがするセックスよりももっと感じることが出来、イきやすくなります。
「許されない恋」「禁断のセックス」という後ろめたさが2人の興奮をより押し上げ、セックスに夢中にさせるからです。

もし不倫をしなかったら、一生「イく」感覚を味わえなかったかも…と思うと、イかせてくれた不倫相手に感謝せずにいられません。

愛される喜びを知った

不倫を経験した全ての人が感謝せずにいられないのは、やはり相手が自分に対して、心からの「特別な愛情」を傾けてくれたことでしょう。

特に既婚者の場合、夫婦の間ですっかり薄くなった「愛」に物足りなさを感じ、「自分はまだ誰かに愛してもらえる存在なのかな?」ということを不安に思っています。

リスクを覚悟し、なかなかデート出来なくても我慢して自分に付き合い、はっきりと愛情を伝えてくれる恋人の存在には癒されるし、愛されることは本当に幸せで嬉しいことだと、喜ばしく思います。

我慢強くなった

不倫恋愛を経験したことで一番強く感じる自分自身の変化は、「我慢強くなる」ことかもしれません。

恋人に会いたくても会えないイライラや、将来に対する不安、恋人への嫉妬や妬みなど、初めのうちは後ろ暗い感情に支配されて憂鬱な気分になりますが、不倫恋愛に慣れると、徐々にそれらの感情との「付き合い方」を見つけることが出来るようになります。

多少の事ではメンタルが左右されない我慢強さと、恋人を信じ続ける粘り強い心を手に入れることが出来るでしょう。

新しい趣味が見つかった

恋人に会えない時間は、とても退屈でやり切れないものです。
恋人のことを愛しく思えば思うほど、「会えない時間」を自分にとって空白で、満たされないものだと強く感じるようになります。

その時間の埋め方を探していた時に、新しい趣味や友人に出会い、そこから交友の場を広げることが出来るでしょう。

不倫恋愛をしていなかったら出会えなかった出来事に、感謝の気持ちが湧いてくるはずです。

結婚に向けて前向きな気持ちを持てた

年齢が若いうちは、「恋愛の最終的なゴールは、結婚に違いない」と信じています。
しかし、妻子ある男性とお付き合いをするきっかけがあれば、その考えが間違っていることに気づくでしょう。

果たして、結婚とはなんなのか?どんな相手と結婚をすれば、幸せな将来に辿りつくことが出来るのか、そして自分にとって本当の意味での理想の結婚相手はどんな人なのかを、とても冷静に考えることが出来ます。

逆に、一人で生きていく覚悟が決まった

不倫恋愛がきっかけで結婚について真剣に考えたり、より「結婚したい」という気持ちが強くなる場合もあれば、逆に「一人でも生きている強さ」を手に入れ、自立するパターンもあります。

結婚をしても、いつか不倫をするかもしれないのであれば、逆に結婚せずに自由恋愛を楽しみ続ける人生の方が良い、と思うようになるのです。

不倫恋愛がきっかけで、自分らしい生き方を見つけることが出来、そのことに気付かせてくれた不倫相手の存在は一生の宝物になるでしょう。

次のページ 女性が喜ぶのはやっぱり「◯◯◯」!!