恋人やセフレはできるけど…不倫がいつも長続きしない理由

避妊を徹底しない

もっと深い関係になる為や相手を喜ばせる為、もしくは自分自身がもっと快感を得る為に、避妊ナシでセックスをしたいと思うことがあるでしょう。

しかし、避妊ナシでセックスをすることは、当たり前ですが妊娠の可能性があるということです。
その瞬間は気持ち良さや楽しさを感じることが出来ても、家に帰ればすぐに「やってはいけないことをしてしまった、もし妊娠したらどうしよう?」と、後悔する気持ちでいっぱいになります。

デートの度に後悔を繰り返していては、すぐに別れてしまうのは当たり前です。

セックスに依存している

恋人とのセックスは楽しいし、無くてはならないものだと感じます。
恋人からの愛がある言葉や行動を足りないと感じる時でも、とりあえずセックスをしさえすれば「まだ愛されている」「これからも付き合える」と安心出来るでしょう。

しかし、セックスに依存するようになると、2人の関係は終わってしまいます。
とりあえず不倫関係が続いているように思えても、実際はセックス頼りの関係で、恋人ではなく「セフレ」になっているのです。

身体の触れ合いは勿論大切ですが、それよりももっとお互いの愛情を重要だと考えましょう。

過去の恋愛を引きずっている

元恋人と今でも交流があったり、過去の恋愛を何度も思い出してしまうような、未練を引きずっている人は不倫恋愛を楽しむことが出来ません。

過去の恋人の事を忘れられない限り、いけないことだとは分かっていても、今の恋人と比べずにいられないからです。

恋愛関係を上手く続けていく為には、今の関係と恋人に集中するべきです。

「もし…だったら」という想像がしつこい

不倫恋愛は、どうしても恋人と一緒に過ごす時間が短くなってしまいがちです。
会いたいと思って会えない寂しさや、自分の理想を叶えたいきもちが強くなると、想像の世界に逃避したくなります。

「もしあなたが独身だったら」「もし離婚が成立したら」という、「もしも」の話ばかりを繰り返すのは、恋人に「現実を見ていない」と感じさせ、ガッカリさせます。

想像の世界に逃避するのは、今の恋人に満足していない証拠でもあります。

豪華なデートやプレゼントを欲しがる

これは女性にありがちな悪い癖なのですが、恋人に使ってもらうお金の量で相手からの愛情をはかろうとしてしまいます。

ブランドのバッグや、宝石が付いたアクセサリーを贈ってもらうことで「彼にとって自分は、高価な物を贈るくらい価値のある存在なのだ」と安心するような気がするのです。
素敵なプレゼントを受け取って満足するかもしれませんが、恋人はあなたに「お金を使わされた」と感じて嫌な気持ちになるかも。

お金のトラブルは恨みを残しやすく、別れた後も気まずい関係になってしまいます。

相手の全てを知らなければ気がすまない

大好きな人の事に関して、「何でも知っておきたい、相手がどんなことに喜びや悲しみを感じるのか、全て理解したい」と思わずにいられない人がいます。

愛情は本物で、不倫相手との関係を長く楽しみたいと本気で思っているのですが、「好きだから!」という理由で、相手のプライベートに深く関わろうとし過ぎてしまい、振られてしまうことが多くあります。

不倫恋愛に必要な「適度な距離感」を掴むのが苦手なようですので、不倫を何度も経験している年上とお付き合いをし、不倫のやり方について改めて教えてもらうと良いでしょう。

飽きやすい、浮気性

不倫恋愛は情熱的な恋ですが、それゆえに「熱しやすく、冷めやすい」状態になってしまうパターンもあります。

既婚者に興味を持ち、「奥さんから奪いたい「自分のものにしたい」という欲望に従って猛烈にアピールするのですが、本音では恋愛ではなく略奪をすることが目的なので、付き合い始めて何度かセックスをしたり、相手から高価なプレゼントをもらうと「家族に勝った!」と満足して恋心が冷めてしまいます。

人の物ばかり欲しくなってしまい、手に入ると興味が無くなってしまうのです。
既婚者や人の恋人にばかり恋をし、そのどれも短い期間で別れてしまうのが特徴です。

おわりに

自分では頑張っているつもりなのに、何故かいつもお付き合いが長続きしないとか、相手に振られてしまう、となると「何か、私の性格に問題があるのでは?」「不倫恋愛ってやっぱり上手くいかなくて当たり前のものなの?」と、自信を無くしてしまいます。

でも、不倫恋愛が長続きしない理由はほんのちょっとしたことである場合がとても多いもの。

自分と恋人の性格を考え、改めてこれまでのお付き合い方法を見直してみることで、解決のヒントが必ず見つかるはずです。