既婚男性の本音!なぜ浮気??「だから妻より不倫相手が良い」理由14つ

自分の事を「一番大事」にしてくれる

「一番になりたい」というのは誰にでも共通の望みです。
しかし、特に子供がいる家庭では、夫が「妻にとっての一番は自分だ」と信じるのは難しいでしょう。

毎日家庭を整える事や子供の世話に必死になっている妻が、まっすぐに自分のことだけを一番に愛しているとは思えません。
既婚男性と恋をしている女性は、彼との関係を維持し、深めることに必死です。

「もっと愛されたい、もっと彼と一緒に居たい」という強い気持ちを持って必死に愛してくれるので、男性は「一番に愛され、大事にしてもらっている」という幸福感と満足感を持つことが出来ます。

現実逃避をさせてくれる

なぜ既婚男性が不倫恋愛をせずにいられないのか、それは、現実逃避をしたいからかもしれません。

仕事の疲れやイライラ、妻からの束縛や夫婦喧嘩などを全て忘れて、楽しい時間を過ごしたいと願うからです。
妻とは、いくら一緒に居ても常に現実が付きまとい、気分転換にはなりません。

生活臭を感じさせない愛しい不倫相手と一緒にいる方が、自分の心をリフレッシュさせて日々を乗り越える活力を得ることが出来ると言うわけです。

加点方式で自分を評価してくれる

夫が不倫をしてしまう妻の悪い癖は、自分の夫を「減点方式」で評価してしまうことです。

毎日の夫の様子を観察しては、「今日も帰りが遅かった」「頼んでいた買い物を忘れた」「子供の寝かしつけに協力してくれなかった」などなど、夫の悪いところにばかり目をやって、評価を下げるばかりです。

これでは男性は、家に居るだけでストレスを感じてしまいます。
その点恋人は、「相手を好きになりたい」というポジティブな気持ちが強いので、「今日もLINEをくれた」「デートの約束を守ってくれた」と、ちょっとした行動でも全て加点して、男性の評価を高めてくれます。

一緒に居るだけでどんどん自分の評価を上げ、好きになってくれる恋人の事を、愛しいと思わずにいられません。

会いたい時だけ会えば良い気軽な関係

家に帰れば、常に妻が居ます。
気分が乗らない時や、体調が悪い時でも、妻の事を無視するわけにはいきません。

「ずっと一緒に居る」というのは、「ずっと一緒に居なければいけない」という意味でもあります。
1人でゆっくり家で過ごしたいと思っても、結婚後はなかなかそうもいかないのです。

その点、恋人との関係は「会いたい時に会う」という気軽なものです。
恋人に会いたい、というポジティブな気分の時にデートが出来るので、相手と会う時はいつも楽しみだと思うことが出来ます。

ありのままの自分で付き合える

家族を持つと決めた時、男性には「夫」としての立場やプレッシャーがのしかかることになります。
そうなると、それまでのありのままの自分で居続けることは出来ず、夫としての頼もしい振る舞いや、家族を守っていく心構えを常に持っていなければいけないのです。

夫しての覚悟や責任感を持って日々を過ごすうちに「自分らしさ」が分からなくなってしまい、本当にやりたかったことはなんなのかを忘れてしまったり、理想を叶えられないままに時間が過ぎてしまいがち。

その点、恋人と一緒にいれば、独身に戻った気分になり、「やってみたいこと」を、恋人と一緒に追求する機会を作ることが出来ます。
ワクワクするようなデートをしたり、刺激的なセックスをしたり、ラブラブな恋人と旅行に出掛けるのも楽しいでしょう。

ありのままの自分に戻り、素敵な時間を過ごすことを、本当に幸せだと感じることが出来るはずです。

おわりに

妻と一緒に居る時間を無くすことは出来ませんが、恋人と一緒に過ごす時間も、男性にとって同じくらい重要で大切なものです。

家庭に居る時と、外で恋人とのデートを楽しんでいる時の男性は、全く違う意識で過ごしているんです。
「家庭」から解放され、望むままに振る舞っているデート中の男性の方が、彼らしい本当の姿かもしれませんね!
妻の存在を忘れさせ、一緒に居る時間をより楽しむきっかけを増やせば、不倫恋愛を成就させる未来が見えてくるに違いありません♪

もっともっと楽しい不倫をして下さいね!