本当にその恋、諦める?不倫をやめたい時に考える14つのこと

不倫恋愛は簡単な恋ではありませんし、辛いことが多い恋愛ですから、「もう止めたい」「不倫恋愛なんて、やっぱりダメだ」と弱気になってしまうことが誰にでも必ずあります。

しかし、今付き合っている恋人との関係を終わらせるかどうするかという大切な事柄を、気持ちがネガティブになっている時に決めてはいけません。
落ち込んでいる時に決め事をするのは避け、まずは冷静になって自分の気持ちを整理しましょう。

「不倫恋愛を止めようかな」と思った時に考えてみて欲しいことをご紹介致します。

「不倫」抜きにして、相手とのお付き合いを見直してみる

「やっぱり既婚者との恋愛は上手くいかない」「不倫恋愛って難しい」と、今の自分が辛いのは全て不倫恋愛をしているせいだ、と決めつけてしまっていませんか?

不倫、ということを抜きにして、恋人と自分との相性について考えてみましょう。
2人の関係を改めて振り返ってみれば、「仕事が忙しい彼に対して、我儘を言い過ぎた」「彼は、LINEのメッセージがいつも淡白で物足りない」など、「不倫」に関係のないところで2人の改善点が見つかるに違いありません。

恋人とのお付き合いが上手くいかない原因を探してみましょう。

これまで恋人にされて嬉しかったことと、嫌だったこと

今の恋愛を止めようかどうしようかと思ったら、自分と恋人との関係を感情的にではなく、「客観的」な視線で見つめ直してみましょう。
恋人にされて嬉しかったことや楽しかったデート、逆に、恋人と一緒に居て嫌な気持ちになったことや辛かったことを箇条書きにして書き出してみて下さい。

自分が熱量を持って筆記出来るのは、どちらでしょうか?
書いているうちに、恋人と一緒に居ることの楽しさや、幸せな気分を思い出して、お付き合いを続けて行くモチベーションを取り戻せるでしょう。

「別れようかな」と思った理由

今回、不倫相手である恋人と別れようかな?と思った理由は、具体的にどのようなことがきっかけだったのでしょうか?

例えば「デートをすっぽかされて頭にきたから」「家族と一緒に歩いているシーンを目撃してしまって悲しくなったから」など、なにかしらの出来事があったはずです。
もし、「これといった理由はないけれど、なんとなくそんな気持ちになったから」それは一瞬の気の迷いですので、気分転換をすることで解消できるはずです。

恋人と別れようと思った理由も、1つか2つしかないのであれば、それも一過性の気持ちです。
人間が2人以上集まれば、相手に嫌な気持ちにさせられてしまうのは、恋人でなくても良くあることです。

たった1度や2度の出来事で、恋人との「縁」を切ってしまうのは勿体なさ過ぎます。

「別れたい」と思った理由を、恋人は受け入れてくれる?

別れたい、と思った理由が複数ある場合、それらを恋人に打ち明けた場合、どんな反応をされるのか考えてみて下さい。

「きっと、怒られるに違いない」と思うのであれば、恋人とあなたの相性はあまり良くないのかもしれません。
「びっくりして、悲しい顔をされるのかも」と思うのであれば、あなたは恋人に信頼を感じている証拠!

きちんと説明すれば、不満を解消して、これからはもっと素敵なお付き合いが出来るはずなので、諦めずに不倫を続けましょう!

旅行に行く、一人で好きなことをするなどして気分転換する

「不倫恋愛なんて、もう止める!」とモヤモヤした気持ちがどうしても晴れないのであれば、一度「恋人と別れた気分」になって、一人きりの時間を思い切り満喫してみましょう。

旅行に行くのも良いですし、エステに行ったり、恋人好みの髪形やメイクを全部やめて新しいファッションに挑戦してみたり、自分の為にお金と時間を使うことを楽しんで下さい。

気持ちがスッキリしたところで改めて、恋人と一緒に居たい気持ちがあるかどうか、自分の心に聞いてみて下さいね。

2人の間に共通点がどれくらいあるか

不倫相手との間に、共通点がどれくらいあるのかというのは、お付き合いを続けて行くうえで重要なポイントになります。
不倫恋愛は確かに簡単ではない関係なので、お付き合いを続ける中で嫌な気持ちになることは多くあるでしょう。

しかし、例えば「同じアーティストが好きで、持っているCDがほとんど同じ」とか「同じブランドが好きで、打ち合わせをしなくてもペアルックになる」など、共通点が多ければ多いほど「運命」を感じる瞬間が多くなり、幸せな気持ちになることが出来ます。

「趣味が似ている」「シンパシーを感じる相手」というのはなかなか出会えませんので、別れるのは勿体ないでしょう。

次のページ セックスの相性も交際に重要ですか?