10歳も20歳も離れていても!!年の差不倫の楽しみ方と長続きするコツ

不倫恋愛の出会いの多くは、職場や出会い系サイトなど。
様々な出会いの中で、一回り、二回り以上年上の恋人と不倫関係になることもあるでしょう。
不倫ってだけでも面倒なのに、しかも歳の差なんて大変そう!と思いますよね。
年の差がある相手との不倫なんて長続きしなさそう、どうやって付き合えばいいのか分からない、なんて自信を失う必要はありません。
年の差カップルは、年の差カップルらしい不倫の楽しみ方があるんですよ♪
年齢差に振り回されず、2人らしい素敵な不倫恋愛を楽しみましょう。

「ジェネレーションギャップ」を楽しむ

一回り以上年齢が離れていれば、流行ったファッションや好きな音楽やテレビが恋人と違うのは当たり前!
そこで「そんなの知らない」「分からない」と興味を失うのではなく、「自分たちの時代にはこういうのが流行っていたよ」「今はこういうのが人気があるよ」と教え合うことが出来れば、趣味の幅を広げるきっかけになるはずです。
「ギャップがあるから話が合わない」とガッカリするのではなく、相手が好きな物事について自分も知りたい!とポジティブな気持ちでいましょう。

お互いに癒し合う、甘えを許す

年下が年上に思いっきり甘えるのは、歳の差不倫の醍醐味です!
年下に向かって「甘えるな!」と厳しく接してしまうのは、歳の差不倫の良さを消してしまっています。
年長者が年下に物事を教えてあげるのは当たり前だし、恋人同士なのだから頼ったり甘えたくなって当然!
恥ずかしがったり、年上だからと偉ぶるのではなく、年上は年下の恋人の甘えを許して、優しく接してあげて下さい。
もし、年上の恋人が疲れたり落ち込んでいる時があれば、その時は年下も頑張って、恋人の事を励ましてあげて下さいね♪

家庭がある人と恋をする優越感を味わう

不倫の罪悪感を持ちながら歳の差の恋人と一緒にいると、ストレスが二重にかかってしまいます。
不倫恋愛をもっと積極的に、自信を持って楽しみましょう!
「家族が居るのに、どうして自分と付き合っているのだろう」と悩むのではなく、「私の方が家族よりも大事にされている」「長年連れ添った奥さんよりも、私の方が愛されている」「上から目線」を持てばいいんです。
愛される優越感をとことん味わって下さいね♪

適度に冷却期間を作る

歳の差がある相手とずっと一緒にいると、やっぱり気を遣って疲れてしまうことがあります。
たまには気分転換が必要です。
夏休みや年末年始など、既婚者が家族と過ごす時間が多くなる時期は、不倫をお休みして同年代の友達と遊ぶなどしてリフレッシュして下さいね。
冷却期間が終われば、「やっぱり自分には不倫相手が必要だ」と、また気持ちを新たにして不倫と向き合えるようになっているはずです。

相手を褒める習慣を持つ

年の差不倫をする人の多くは、「甘えたい」「癒されたい」という気持ちを強く持っています。
相手を喜ばせたい、気持ちを満たしてあげたい、と思うのであれば、褒めてあげるのが一番簡単で効果があります!
年下からは「何でも知っていて物知りだよね」「落ち着いた雰囲気が素敵」と褒め、年上からは「いつも若々しくて一緒に居て楽しい」「若い人と居ると自分も若返った気持ちになれる」など言ってあげて下さい。
相手の良い部分を沢山褒め合うことで、ラブラブな関係をキープ出来ます。

経験豊富な年上のアドバイスをよく聞く

年上は、年下に自分なりのアドバイスをしてあげたくなるものです。
年上からのアドバイスを受け入れられないと感じる瞬間もあるとは思いますが、「口うるさい、年上だからって偉ぶるな!」と反発するのではなく、まずは素直に聞き入れましょう。
年齢を重ねることで得る経験はとても貴重なものなので、年下にとって必ず良い勉強になります。

我慢せずにケンカをする

歳の差があるとケンカしなさそう、と思われがちですが、意外にもそんなことはありません。
ただお互いがケンカをしないように我慢しているだけなんです。
しかし、相手に対して我慢をし過ぎると、気持ちがすれ違い続けて、2人の間に大きな溝が出来てしまいます。
本当に信頼しあっていれば、ケンカをしても大丈夫!
我慢をしてストレスを溜めるよりも、「必ず仲直り出来る」と信じて、意見を言い合いましょう。

歳の差で無理をせず、ナチュラルな付き合いをする

一回りや二回りも年齢が離れていれば、生活スタイルや、体力に差があるのは当たり前です。
あなたが夜更かしをしたい時でも、恋人はもうぐっすり眠っている、なんてこともあるでしょう。
まだまだ遊び足りないのに、デートの途中で「もう疲れたから帰りたい」と言われてガッカリしてしまうかもしれません。
「年上だから体力がなくて、私に付き合ってくれない」と怒るのではなく、相手の生活スタイルに合わせて、お互いが無理をせずにやっていけるお付き合いをする方が長続きします。

相手の価値観を変えようとしない

年齢が離れていれば、体力や生活リズムだけではなく、考え方も随分違うものになります。
年齢が離れている相手の趣味に興味を持つのは難しいし、付き合えないと思うこともあるかも。
でも、相手のことを理解出来ないのは、年齢差が原因ではないかもしれません。
歳が近くても考え方に差があり、お互いが違う趣味を持ち、それを認め合いながらお付き合いをしているカップルは大勢います。
「歳の差に負けない!」と意識し過ぎて、無理に相手の趣味や価値観を変えようとするのではなく、お互いのセンスを認め合いながら一緒に居ることを心掛けてみてはいかがでしょうか。

次のページ 結婚するかどうかは「◯◯」に任せる