不倫で不幸になる女性が言いがちな口癖15選

許されない不倫関係をしていると分かってはいても、やっぱり大好きな相手とは結ばれたいし幸せになりたいと思うのが当たり前。
でも、一生懸命不倫恋愛を頑張っているつもりなのに、どうしても幸せになれない女性がいます。

不倫相手との相性も悪くないはずなのに、嫌われないように我慢や努力もしているのに、どうしていつも不幸になってしまうのでしょうか?
それは、「口癖」が原因かも!
不幸を呼びよせる、「口癖」を言っていることで、幸せになるパワーを無くしてしまっているのかもしれません。

これからご紹介する「負の口癖」を言ってしまっていないか、チェックしてみて下さいね。

本気で好きなわけじゃない

不倫関係で本気になることが怖くてつい弱音を吐いてしまったり、または本命の恋人に振られると酷く傷ついてしまうから、そうならないよう保険を掛ける為に「別に、本気で好きってわけじゃないし」「どうせ今だけの関係だから」と、自分の愛情に嘘を吐いてしまいます。

確かに、不倫恋愛は相手のことを本気で好きになると「略奪したいけど出来ない辛さ」「相手に家族がいる切なさ」を深く味わうことになってしまいますが、その苦しみをすべて覚悟して、それでも相手を愛することで、幸せを感じることが出来ます。

本気で好きと思っていない相手とデートをしたりセックスをするのは、リスクや罪悪感の方が大きくなり、不倫で幸せになることは出来ません。
幸せな不倫をしたいのであれば、恋人のことを大切にしましょう。

セフレみたいなもの

愛し合っている恋人たちの最高の愛情表現と言えば、セックスです。
心の底から好きな相手と抱き合い、体の一番深いところで繋がる行為は、最高の幸せと満足感が得られるでしょう。

女性は、自分が一番恥ずかしいと思う部分を見せた相手男性を特別な存在だと感じ、依存する傾向があります。
「不倫相手に依存するのは怖い」「不倫セックスにハマるのは不安」という気持ちになって、つい「別に相手のことが好きなわけじゃない」「セフレみたいなもの」と、恋人への愛情を押し殺して距離を取ろうとしてしまうんです。

恋人と愛し合い、思いっきりセックスを楽しめてこそ、不倫の幸せです。
きちんと愛情のこもったセックスをしましょう。

別れようと思えばいつでも別れられる

不倫恋愛は永遠に続けられるものではないし、既婚者に離婚の意志がない限りはいつか必ず終わってしまう関係だと分かってはいても、やはり恋人に振られてしまうことは辛いものです。

そうなった時に自分の心が傷つかないよう、「私の方から振ってもいい」「別れようと思えばいつでも別れられる」と、恋人への愛情が浅いものであるようにアピールする口癖です。

不倫相手に依存するのが怖くて、自分に言い聞かせるように言っている口癖なのでしょうが、この言葉を聞いた恋人は「もて遊ばれている」ように感じて良い気持ちがしません。

結婚に興味なんてない

特に、既婚男性とお付き合いをしている独身女性が言ってしまいがちな口癖です。
「家

族がいる男性と不毛な恋を続けるよりも、真剣に婚活したらどうなの?」と言われることに対して「結婚しなくても一人で生きていける」「今は結婚なんて考えられない」と反論せずにいられないのでしょう。

しかし、これは周囲からは「結婚出来ない負け惜しみ」だと思われてしまうんです。
自分ではカッコつけているつもりかもれませんが、周りからは憐みの目で見られてしまい、幸せを逃してしまいます。

結婚は人生の墓場だから

既婚男性と不倫恋愛をし、彼が自分の妻を裏切っていることを良く分かっている独身女性や、結婚して夫も子供もいるのに恋心を抑えられず、夫以外の男性と不倫恋愛を楽しんでいる女性が言うと、非常に説得力のある口癖が、「結婚は人生の墓場」というセリフです。

変に重みがある分、「どうしてそう思うの?」「もしかして、そう思うきっかけが何かあったの?」と周囲に不倫を怪しまれてしまいます。
多くの女性は、不倫に対して夢や希望を持っているもの。

変に目立った意見を言って周囲からの注目を集めてしまうと、不倫がバレてしまうきっかけになってしまうかもしれません。

彼の奥さんには悪いと思ってる

「彼の奥さんには申し訳なく思っているけど、どうしても彼と離れられないの」と言う不倫女性。
彼に家族を裏切らせ、自分といる時間を楽しませている、という、妻へのマウンティングが口癖に表れてしまっています。

彼の奥さんに悪いという気持ちを本当に持っているのであれば、どうにかして彼と別れようという努力をするはず。
そんなつもりが全くないのに、「悪いとは思っている」なんて上から目線の態度をとってしまう女性は、いつか彼からも愛想を尽かされてしまいます。

お金がない

慰謝料を払えばいいんでしょ?

既婚男性は、自分の妻や家族に不倫相手の存在が知られることを何より恐れています。
それに対して女性は、家族に不倫バレしてしまえば、彼は離婚して私のところに来てくれるかも、という淡い期待を持っていることがあるんです。

なので、つい「もし不倫がバレても、慰謝料くらい準備出来るから」とか「慰謝料さえ払えばそれで済むんでしょう?」と彼に言ってしまうかも。
しかし、男性が恐れているのはお金の問題だけではなくて、それまでの妻との関係性や、家族の繋がり、周囲からの目線や会社での立場などが変わってしまうことを全部含めて「不倫バレは嫌だ」と思ってるんです。

「慰謝料さえ払えばなんとかなる!」という楽天的過ぎる態度とセリフは、男性をイラつかせてしまうかもしれません。

次のページ 言いがちが口癖はやっぱりこれ!!