本当は簡単な略奪愛♪既婚男性の落とし方

既婚男性を好きになった時、恋を叶える為に、あなたならどんな作戦を立てますか?
「よほど上手くやらなければ、好きになってもらえないかも」「略奪愛なんて、私には無理」と思うかもしれません。

でも、家族を大事にしているはずの既婚男性が、妻を裏切って不倫相手に夢中になってしまうのは実はよくある話なんです。
略奪は、想像するほど難しくはありません!

テクニックを使えば、既婚男性を妻から略奪することくらい、誰にでも出来ちゃうんです。
これからご紹介する方法で、素敵な既婚男性を手に入れて下さいね

まずはリサーチ!相手の事を出来るだけ多く知る

既婚男性の事を好きになったら、まずは相手の情報を手に入れましょう。
仕事は?友達は?趣味は?休日は何をして過ごしている?彼の事を1つでも多く知りましょう。

彼の仕事の悩みを理解することや、周囲の友達と親しくなって友達関係から彼に近付く、同じ趣味を楽しんで彼に相性の良さをアピールする、休日はどこに誘えばデートが成功するかなど、恋愛のヒントが沢山見つかるはずです。

男性を攻略する時は相手のことについて沢山の事を知るべき!
彼のSNSを見たり、話しを聞いたりして情報を手に入れて下さいね。

彼の「好みの女」になる

彼にことで最も良く知るべきなのは、彼がどんな女性が好みなのかということです。

ショートヘアが好き、パンツスタイルが似合う女性が好き?
物静かな女性が好き?お喋りが上手で楽しい女性が好き?

どんな女性が好みなのかリサーチして、彼の理想に近づくように努力しましょう。
彼好みの女になれば、必ず彼に興味を持ってもらえるはずです。

奥さんとは真逆の女になる

彼に選ばれて結婚した女性なのだから、妻に似た女性が彼のタイプに違いない、というのは全くの思い込みです。

恋愛したいタイプと、結婚したいタイプは、ほとんどの場合、違うんです。
妻と似た女性と、結婚後にわざわざ恋愛をする気にはなれません。

彼の興味を引き、好きにならせたいのであれば、妻とはむしろ真逆の魅力を持った女性になりましょう。

生活感がなく、男ウケするファッションを心掛ける

既婚男性にとって不倫恋愛は、家庭を飛び出して経験する、非日常の行為です。

独身に戻った気分で、素敵な女性と恋をしたい!というのが男性の本音!
妻のような、家庭的な女性には、正直飽きているんです。

雑誌から抜け出てきたような、洗練された男ウケするファッションを身につけている女性と一緒に居ることで、独身時代に戻ったようなワクワクした気分になれます。
家庭的な身なりではなく、あか抜けた、男性ウケするファッションで彼の気を引きましょう。

秘密を守る女であることをアピールする

既婚男性が恋愛をする時に一番気にしているのは、相手が秘密を守ってくれるかどうかです。
既婚男性は、不倫関係が誰かにバレることを最も恐れています。

「私って口が堅いんだ」「絶対に誰にも内緒にするからね」と、秘密を守れる女であることを強くアピールして、彼が安心して恋愛出来るようにしてあげましょう。

彼の都合に合わせてあげる

既婚男性が家を抜け出すのは、簡単ではありません。
家族の用事や、子供の予定に合わせて、その合間を縫って不倫相手とデートするしかないんです。

そんな忙しい彼の事を理解し、彼の家庭の都合に合わせて、呼ばれればいつでも駆けつけてあげて下さい。

既婚男性は、自分に都合が良く、いつでもデートを受け入れてくれる女性とお付き合いがしたいと思っています。

セックスを積極的に楽しむ

略奪愛を成功させるためには、彼を自分に夢中にさせる必要があります。

彼が妻とのセックスに満足出来ていない場合、略奪の最大のチャンスです!
セックスで彼を虜にすることで、彼の妻よりもずっと強く愛されるようになるし、彼に執着してもらうことが出来ます。

セックスはとにかく積極的に!常に刺激と快感をお互いに感じ合い、依存を高めていきましょう。

男性を甘やかし、癒しをあげる

仕事場や家庭で、男性は多くのストレスを抱えています。
そんな男性だから、キャバクラのお姉ちゃんや、スナックのママに愚痴を言ったり、褒められたりして気持ちをコントロールする必要があるんです。

男性の「癒し」になれるよう、デート中は彼の事を甘やかすように心掛けましょう。
彼の悩みや愚痴をしっかり聞いてあげることが重要です!

無理にアドバイスをする必要はなくて、真剣に話を聞いてあげるだけで男性の心は軽くなります。

彼のプライドを満たす

男性はいくつになっても、女性に褒められたいもの!「凄い!」「さすがね!」と言われたいんです。

彼が男性として優れている部分を見つけ、言葉にして沢山褒めてあげて下さい。
彼の承認欲求を満たし、自信を回復させてあげることで、彼にとって「居心地の良い存在」になることが出来ます。

「あなたの仕事はいつも丁寧で早いって、部長が褒めてましたよ」「○○さんが一番カッコイイって、女性社員たちで話してたんですよ」など、「周りからの良い評判」を聞かせるのが、リアリティがあってオススメです。

次のページ ◯◯◯の邪魔をしない