いつ入籍する?「結婚問題」で不倫相手とトラブルにならないコツ

既婚者の言うことを全て信じるのは止める

大好きな恋人の言うことは全て信じたいと思うでしょう。
特に、「もうすぐ離婚出来るよ」とか「来年の今頃は、結婚しているかもね」なんて、結婚に対して前向きなことを言われると舞い上がってしまうかも。

でも、既婚者の言うことを全て信じるのは危険!
恋人への愛情が大きいほど、「喜ばせたい」「恋人を自分に引き付けておきたい」という気持ちから、つい嘘や調子のよいことを言ってしまうんです。

後になって「話が違う!」「嘘つき!」と怒らずに済むよう、既婚者の言うことは「半分信じる」くらいで丁度よいでしょう。

子供に関する決めごとは親が責任を持つ

不倫相手に子供がいる場合、結婚に関する話し合いの中で「子供はどうするのか?」という問題に直面するでしょう。

あなたなりの意見があるとは思いますが、相手の子供に関しては口出しをしないことをお勧めします。
あなたがその子供の家族になるのは結婚して、その子供を引き取った後であり、それまでは恋人夫婦の子供なのです。
とてもデリケートな問題なので、結論が出るのを見守りましょう。

お金を貯める

不倫カップル達が結婚問題について話をする時、スムーズに話が進むよう、離婚と結婚に向けての貯金を作りましょう。

離婚するときに慰謝料が必要になるかもしれないし、離婚が成立した後、2人で新しい生活を始める為にはまとまったお金が必要になります。
いざ離婚、結婚しようとしても、「お金がない」となると上手くいかないんです。
お金についての心配がなくなると、心に余裕が生まれます。

貢がない、依存しない

不倫の恋人と結婚するかどうか考える前に重要なのは、「相手に貢がない」ことです。
特に女性は、自分が好きになった人に対して自分の心や体、時間やお金を捧げるほど相手に依存していくし、「ここまでやってあげたのに!」と不倫相手に執着しすぎる理由になってしまいます。

恋人に深入りすればするほど「前に進むしかなくなる」ので、「結婚するしかない!」と思い込むようになり、選択肢が狭まります。

結婚するかどうか冷静に考えられるよう、相手に依存しないように注意して下さいね。

生活や仕事について、具体的に、リアルに考える

「不倫相手と結婚したい!」「略奪愛を叶えたい!」という気持ちが強くなり過ぎて、自分の理想ばかりが先行したいり、都合の良すぎる妄想を膨らませてそれを相手に押し付けがちになってしまうのは、女性の悪い癖です。

離婚や、将来の結婚については、妄想ではなく現実に叶えることが出来る方法で具体的にイメージしましょう。
女性はついつい、「情熱」「愛情の深さ」で男性を説得しようとしてしまいがちですが、男性は、説明されて納得できることしか受け入れられないものです。

「慰謝料の支払い」は前提条件として考える

不倫恋愛がきっかけでの離婚と結婚、どうしても気になってしまうのは、「既婚者の家族に慰謝料の支払いをする必要があるかどうか」ですよね。
慰謝料に関しては、むしろ払うつもりでいたほうが話し合いをする時にもめずに済みます。

お金の話はどうしてもトラブルになりやすいので、慰謝料の支払いは「不倫恋愛を成就させるための対価」だと思って受け入れておくことをお勧めします。

常に最悪の状況を想定して準備する

不倫恋愛中はネガティブになってはいけません。
折角、大好きな人とお付き合いをし、大切な将来について話し合っているのに、「どうせダメになる」とか「不倫恋愛なんて、いつか罰が当たる」なんて暗く考えていては、幸せを逃してしまうかも!

「もしかしたら、不倫が家族にバレてめちゃくちゃ責められるかも」「会社に告白されて、仕事を失うかも」と、常に最悪の状況を想定して準備しておくと度胸がつくし、どんな状況になっても準備が出来ていることで自信を持てます。

家族や友達に相談しない

不倫恋愛をしていることは誰にも打ち明けてはいけないし、もちろん相談してはいけないのですが、「結婚問題」と真剣に対面し、不倫相手との結婚に向けて前向きに行動してるときは、周囲の人に自分の幸せを報告したくなるものです。

たまたま出会いが「不倫」という形になっただけで、晴れて結ばれれば幸せな家庭を作れるはずなのですから、問題ないと思うでしょう。
しかし、結婚がほとんど成立する段階にたどり着くまでは、家族や友達に相談することはお勧めできません。
不倫の恋はほとんどの場合、反対されるものですし、もしかしたら周囲から妨害されてしまうかもしれません。

折角、結婚について恋人と話し合っている時期にそのようなことをされては、自分自身だけではなく、恋人まで、結婚に対するモチベーションが下がってしまいます。

おわりに

既婚者との恋は許されない、と分かっていても、お付き合いせずにはいられないくらい好きな相手なのですから、「結婚」について話し合うのはとても大切ですし、必ず必要なことです。

将来に向けての話し合いなのですから、もめたり、それが原因でケンカになったりするのは悲しいですよね。
お互いに冷静になり、前向きに、そして具体的に話し合うのが、成功のコツです。

あまり深刻になり過ぎるとネガティブになってしまうので、リラックスした状態で話し合えるよう、シチュエーションを工夫してみて下さいね。
あなたと恋人が本当の意味で「結ばれる」日が、1日も早く訪れるよう、応援しています!