ダブル不倫の悩み!!片方だけ離婚できない時の対処法

W不倫とは、それぞれ他の相手とすでに結婚している男女が、パートナー以外の相手と恋愛をすることです。

結婚した後にもっと素敵な人と出会って恋に落ちてしまった、パートナー以上に自分のことを愛して大切にしてくれる人に癒されたい、等々、不倫が始まるきっかけは様々あります。
多くの場合のW不倫は、あくまで自分の「家庭」を守ることが第一で、不倫相手に夢中になり過ぎず、割り切った関係を楽しみます。

しかし、W不倫をするカップルの中には、「双方が離婚して再婚し、2人で新しい生活を始めたい!」と考える2人もいます。
しかしそんな時、片方だけなかなか離婚が成立しない、となってしまったら?

2人が幸せになる為に、どんな対処法があるでしょうか。

W不倫をするメリット

そもそも、家庭がある2人がわざわざ他所に恋人を作ることには、どんなメリットがあるのでしょうか?
W不倫の大きなメリットは、恋をするにあたって精神的に楽だということ!

既婚者と独身者との不倫恋愛では、既婚者は「独身の彼女の、貴重な若い時間を奪ってしまって申し訳ない」「結婚前提でお付き合い出来ない後ろめたさ」という気持ちを抱えながらお付き合いをしなければいけません。

W不倫は、自分にも相手にも本来のパートナーがいることで、楽な気持ちで不倫が出来るのです。

双方が離婚して、結婚したいと思うきっかけ

多くのW不倫カップルは、「家族に迷惑をかけない」という気持ちで恋人とお付き合いをしています。
その気持ちを超え、「離婚を成立させて恋人と結婚したい!」と思うようになるまでには、どんなきっかけがあるのでしょうか?

最も多いのは、今の家族との不仲です。
パートナーの言動がどうしても納得できないとか、夫婦生活をいつも拒まれているとか、家庭内別居状態など、今のパートナーとこれ以上家族でいるのは無理だと感じた時に、恋人の存在が大きくなり、離婚を決意するのに至ります。

W不倫の離婚は出来るだけ時期を合わせたい

それでは、「お互いに離婚しようね」と恋人と約束し、自分の家庭はすぐにでも離婚成立出来そうなのに対して、恋人の離婚が成立するまでには時間がかかりそうな時。
先に離婚を成立させて恋人を待つのと、恋人とタイミングが合うよう自分の離婚を待つのと、どちらが良いでしょうか?

私がお勧めしたいのは、やはり2人が出来る限り同じタイミングで離婚を成立させることです。
そうでなければ、先に離婚を成立させた方は、その後「いつになったら離婚してくれるの?」と、相手に対して不安を感じ、プレッシャーを与えることになってしまうからです。

負のオーラを相手に向けてしまうことで、折角これまで上手くいっていた不倫関係に悪い影響を与えてしまうかもしれません。
結婚までスムーズに向かう為にも、離婚の時期は出来るだけ合わせるようにしてみてはいかがでしょうか。

離婚に向けてお互いがどのくらい本気なのか確かめてみる

カップルのうち片方だけなかなか離婚成立出来ない場合、「離婚に向けての本気度」をお互いが理解しておくことで、多少安心出来るはずです。

「離婚に向けて、パートナーはなんて言ってる?」「財産分与は上手くいきそう?」「慰謝料が発生するなら、どれくらい?」と、離婚に向けての具体的な話し合いがどれくらい進んでいるかで、「本気度」が分かります。

またこの時、離婚成立出来ない夫婦が、何が原因で離婚に至らないのかはっきり分かるはずです。

お金の問題で離婚出来ない時

離婚をしたいけれど、相手に支払う慰謝料を準備出来ない。
新生活を始めようにも、まとまったお金がない。

専業主婦なので、夫と離婚した後の生活をするためのお金がない。
等、離婚する意思は充分にあるけれど、それを実現するためのお金がないので離婚に踏み切れない、という場合もあるでしょう。

この場合は、とにもかくにも貯金をすること、パートナーに頼らなくても生活できるよう、自立するしかありません。
夫婦生活を終えて独身に戻るのですから、貯金と仕事は必ず必要です。

毎月の目標金額を決めて、貯金に励みましょう!

配偶者が離婚届に判を押してくれない時

夫婦間で離婚の話を進めているのに、配偶者がどうしても納得してくれない、何度頼んでも離婚届に判を押してくれない時。
この場合はとにかく、なんとかして相手を説得するしかありません。

これ以上夫婦生活を続けて行くことは出来ないことを根気よく説明する、相手が望むように離婚条件を整える、など、相手の気持ちが動くように色々工夫してみて下さい。

どうしても話し合いがまとまらない場合は、離婚調停、そして裁判に進むことも考えましょう。

子供の関係で離婚する決意が出来ない時

夫婦の間に子供がいると、離婚に対するハードルはどうしても高くなります。
子供に関する話し合いは当人達でなければ出来ませんから、決して口を挟んだり相手をせかしたりしてはいけません。

「子供が卒園のタイミングで離婚したい」「養育条件や養育費についてもっとしっかり話をしたい」などの相手の要望をよく聞き、離婚成立までに時間がかかることを覚悟しておきましょう。

次のページ 「◯◯」の期間が長いほど◯◯しやすくなる!?