浮気の80%は妻にバレる!!単身赴任中にバレずに不倫する方法!!

彼女のSNSを監視する

恋人の態度で特に気を付けなければいけないのは、SNSの使い方です。

「不倫」という特別な恋愛をしているスリルや興奮を誰にも秘密にしておくというのは意外に難しいことなので、SNSにこっそり不倫恋愛をしていることを「匂わせる」と言う項をする女性は多いものなのです。

特に単身赴任中の恋愛は、「男性には家族が居る」ということを忘れ、油断した投稿をしてしまいがち。
恋人がSNSで不倫バレをしてしまわないよう、常に監視していましょう。

恋人に家事をさせない

これまで妻がやってくれていた掃除や洗濯など面倒な家事を、恋人が手伝ったり勝手にやってくれたりしたら嬉しいですよね。

しかし男性にとっては同じように見えても、普段から家事をしている妻には、「違う人が掃除や洗濯をした」という事実はすぐにバレてしまいます。
掃除機を置く向きがいつもと違うとか、シャツの畳み方が違うなど、そうしたちょっとした違いで妻は他の女の存在を感じ取ります。

下手でも面倒でも、家の家事は自分でこなすようにしましょう。

台所を使わせない

特に気を付けなければいけないのは、台所です。
「料理を作りに行ってあげるよ!」と恋人から言われると、2つ返事で受け入れたくなるかも。

洗濯物の畳み方には気付かなかった妻でも、冷蔵庫に普段夫が使わない食材が入っているとか、買ったことの無い調味料が置いてあるとか、そのような変化には必ず気付きます。

そして、台所をより充実させるのは「女」でしかありえないので、台所の変化はそのまま不倫相手が存在する証拠になってしまうのです。

手料理を食べさせてもらう時は家で作ってもらうのではなく、出来上がったものを持参してもらうようにお願いしましょう。

妻への感謝の言葉とプレゼントを欠かさない

自宅から単身赴任先への距離が遠くて頻繁に自宅に帰れない場合は、家族への感謝の言葉とプレゼントを贈ることを、特に心掛けなければいけません。

女性は単純ですので、夫の態度がどんなに素っ気なくても、「いつも寂しい思いをさせてごめんね」という一言と、嬉しいと思うようなプレゼントを贈ってもらえればそれだけで「愛されている!」と思い込むことが出来るのです。

子供がいる場合は、子供の写真を送ってもらう

子はかすがいと言いますが、妻は夫と子供の距離が開くことを極端に怖がります。

単身赴任がきっかけで夫が子供への興味を失ってしまったり、子供と別れても良いと思うほど不倫相手に入れ込むことが一番困ってしまうのです。
妻を心配させないよう、子煩悩であることをアピールする為にも、「子供の写真を送って!」とオネダリしましょう。

定期的に子供の写真が更新されることで、自分にとっても、「不倫に夢中になりすぎない」ストッパーになるはずです。

きちんと一線を引いたお付き合いを心掛ける

単身赴任は独身気分に戻りやすく、不倫女性の方も、恋人には家族がいるということを忘れてしまうことがあります。

独身同士の恋愛をしているような気分になり、半同棲のような付き合い方をしてしまうと、部屋を訪れた妻に必ず不倫相手の存在がバレてしまいます。

本気の略奪愛を目指すとしても、不倫バレしない方がスムーズに離婚や再婚が出来ますので、不倫バレはしないように徹底的に注意しましょう。

社内不倫の場合は、特に社内バレに徹底的に注意する

単身赴任ということで、自分がそう感じる以上に、周囲からもまるで「独身男性の仲間」であるかのように扱われます。

誰にも秘密の社内不倫でも、「この恋は絶対に内緒!」ということを、双方が忘れてしまうんです。
うっかり社内でいちゃいちゃしたり、目配せをして気持ちをアピールするなど、油断した行動をとらないようにしましょう。

特にお酒の席では気分が盛り上がり、行動が大胆になってしまうことが多いので気を付けて下さいね。

おわりに

単身赴任中、不倫恋愛が盛り上がり、恋人と一緒に過ごすことが多くなると、自宅に帰ることを面倒くさいと思うようになってしまいます。

折角の休日なのだから、わざわざお金と時間をかけて自宅に帰るよりも、恋人を家に呼んで、2人でイチャイチャしながらゆっくり過ごしたいと思うかも。
しかし、あなたが想像よりもっと、家族はあなたが不倫をしないかどうか心配しているし、自宅に帰って来てくれることを待っています。

妻の心配する気持ちを無くさせ、自宅に帰って来て欲しいという望みを満たすことが、不倫バレを防ぐ一番重要なコツです。

不倫恋愛と、家族とを両立させるように心掛けながら、単身赴任を乗り切って下さいね!