不倫中に寂しさや苦しさが限界に達する瞬間とその乗り越え方

不倫恋愛なんて絶対ダメ!と否定された

例えばテレビなんかで不倫モノのドラマを見たり、不倫スキャンダルを起こした芸能人の話題を見た時に、「不倫する男なんて、絶対ダメよね!」「不倫なんて、何が楽しいのかな?」という話題が始まった時。

不倫をしていて後ろめたく感じてしまうのと、「やっぱり、人には理解されない恋愛だよね」と感じて落ち込んでしまいます。

不倫恋愛は経験者にしか分からない、無視する

「不倫なんて、絶対ダメ!」なんて声に出して言う人は、不倫恋愛を経験したことがありません。

一度でも不倫恋愛をしたり、お付き合いに至らなくても「許されない恋」を胸に秘めた経験がある人は、「ダメだと分かっていても、人を好きになってしまうことはある」という気持ちを理解してくれるし、不倫恋愛がきっかけで幸せを掴んだり、人間的に成長するなど良い面があることも分かってくれます。

不倫恋愛の本当の良さや辛さは経験者にしか分からないことですので、不倫否定派の意見は無視してしまいましょう。

彼の妻が妊娠した

「君のことを愛している」「妻よりも大事だよ」と言ってくれていた彼が、妻を妊娠させた!

いつか自分と一緒になってくれるかもしれないと期待していたのに、裏切られた!と感じてショックですよね。
悔しいし、「やっぱり彼は家族が一番大事なんだ」と理解して寂しい気持ちがピークに達するに違いありません。

彼から「実は、子供が出来たんだ」と打ち明けられた時、どのようにすれば乗り越えられるでしょうか?

彼との付き合い方を見直す時期、きちんと話し合う

不倫相手に家族が増えた時、そのことを無視してお付き合いを続けてはいけません。

このまま不倫関係を続けたら、女性は彼にとって「都合の良い女」になってしまいます。
どんなつもりでお付き合いを続けて行くのかを、一度彼と話し合う時期が来たようです。

あなた自身、彼にどんな風に愛されたいのか、自分の心をじっくり見なおしてみましょう。

不倫恋愛が原因で不幸になった人の話を聞いた

「あの人、不倫がバレて離婚されたらしいよ」「不倫相手にたっぷり慰謝料請求したんだって」など、不倫恋愛がきっかけで不幸になった人の話を聞くと、「自分もそうなるのかもしれない」と思って不安になったり、「もし自分がそうなった時に、彼は私の事を守ってくれるかな?」と想像して寂しくなったりすることがあります。

「自分は同じようにはならない」反面教師にする

周囲から不倫のネガティブな話を聞かされた時は、「自分はそうならないように、気を付けよう」と改めて気を引き締めましょう!

例えば、「不倫相手と歩いているところを友達に見られたんだって」とか「家族がスマホを覗いて、不倫が分かったって」という話を聞けば、「知り合いに見つからないよう、デートコースをもう一度考え直してみようかな」とか「スマホのロックパスワードを、定期的に変更しよう」と、不倫恋愛を上手く続けていく為のヒントが見つかるはず!

不倫をしているカップル達は世の中に沢山いるのですから、中には不幸になるカップルがるのは当たり前なのです。
自分達はそうならないよう、気を付けましょう!

おわりに

不倫恋愛の経験がある方には、「分かる」「そうそう!」と思いながら読んでいただけたと思います。
恋人と付き合う中で辛いことや寂しいことがあっても、誰にも相談できず、乗り越え方が分からなくて苦労した女性も多いはずです。

是非、今回ご紹介した内容を参考にしながら、これからも前向きな気持ちで不倫恋愛を楽しんでくださいね!